アレクサンドル3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル3世
Александр III
ロシア皇帝
Alexander III 2.jpg
皇太子時代のアレクサンドル3世(1880年)
在位 1881年3月13日 - 1894年11月1日
戴冠 1883年5月27日、於モスクワ・ウスペンスキー大聖堂
全名 Александр Александрович
アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ
出生 1845年3月10日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルクアニチコフ宮殿
死去 1894年11月1日(満49歳没)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国クリミアリヴァディア宮殿
埋葬 ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルクペトロパヴロフスキー大聖堂
配偶者 マリア・フョードロヴナ
子女
王家 ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家
王朝 ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ朝
父親 アレクサンドル2世
母親 マリア・アレクサンドロヴナ
宗教 キリスト教正教会
サイン Alexander III of Russia (signature).png
テンプレートを表示

アレクサンドル3世ロシア語: Александр III, ラテン文字転写: Aleksandr III、アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、ロシア語: Александр Александрович Романов, ラテン文字転写: Aleksandr Aleksandrovich Romanov1845年3月10日 - 1894年11月1日)は、ロマノフ朝第13代ロシア皇帝(在位:1881年3月14日 - 1894年11月1日)。アレクサンドル2世と皇后マリア・アレクサンドロヴナの第2皇子。兄ニコライが22歳で早世したため、皇太子となった。妻は兄の婚約者であったデンマーク王クリスチャン9世の第2王女マリー・ソフィー・フレデリケ・ダウマー(ロシア名マリア・フョードロヴナ)で、ニコライ2世をはじめ4男2女に恵まれた。

帝政時代にロシア帝国銀行が発行していた25ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。

生涯[編集]

1867年に描かれたアレクサンドル皇太子の肖像画
1868年。アレクサンドル皇太子とマリア皇太子妃
1860年代後半。上から下へ。従兄弟のニコライ公爵、弟のウラジーミル大公、アレクサンドル皇太子、アルテンブルク公アルバート
1888年に発行されたアレクサンドル3世の金貨
家族の集合写真。前列左から4男ミハイル大公・アレクサンドル皇帝・長女クセニア大公女・3男ゲオルギー大公。後列左からマリア皇后・長男ニコライ皇太子。皇帝の前にいるのが次女オリガ大公女
1894年10月20日。死の床のアレクサンドル3世
1893年5月。最後の家族写真。前列左からニコライ皇太子、ゲオルギー大公、マリア皇后、オリガ大公女、ミハイル大公、クセニア大公女、アレクサンドル3世
1895年。アレクサンドル3世の最期を描いた絵画

幼少時から軍人として教育された。しかし兄の死ではからずも皇太子となり、また父帝アレクサンドル2世が治世半ばにて暗殺され、突然の皇位継承となったため、統治者としての充分な教養を欠くことを自覚しており、自らを誠実なる連隊長と自認していた。また、引っ込み思案で社交マナーにも欠けていたが、マリア・フョードロヴナ妃のサポートで克服した。妃の影響により、反ドイツの体制を取った。

アレクサンドル3世は極端に変革を望まないコンスタンチン・ポベドノスツェフから強い影響を受けた大保守主義者であった。また、先代の積極的政策による内政改革にも関わらず、逆に人民による暗殺に至った結果を目の当たりにした影響もあると考えられる。

積極的に国内反体制派や異民族を弾圧し、皇帝権力の強化と体制維持に努めた。1891年フランスと同盟を結ぶと、フランス資本を活用してシベリア鉄道を起工し、極東への進出を企てた。

この時代、ロシアの工業は著しく発達したが、それが農業の危機をもたらすなど、前近代的な社会体制との間に多くの矛盾が噴出し、社会不安はますます増大していった。

1888年、鉄道で移動中だったアレクサンドル3世一家は、スピードを上げるように機関士へプレッシャーをかけ、その結果列車は脱線し大破した。皇帝自身は覆い被さる残骸を支え、背中に傷を負いながらも家族の身を護ったとされている。

その後、過度の飲酒もあって、体調を崩し気味となり、1894年11月に崩御した。

家族[編集]

皇后マリア・フョードロヴナとの間に4男2女を儲けた。政略結婚であったが非常に仲むつまじい夫婦であり、家族生活を大切にした。

建造物[編集]

フランスの首都、パリセーヌ川に架かる鉄橋にアレクサンドル3世橋がある。金色に輝く彫刻、大理石像、装飾街灯、その他至るところに優美な装飾がつけられ、パリで最も美しい鉄橋と言われる。

逸話[編集]

当時としては世界有数の富豪の王族として知られていたが非常に倹約家であり、即位すると王室費を200万ポンド削減した。部屋の明かりを自ら消す癖もあった。

関連項目[編集]