ブロニスワフ・ピウスツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブロニスワフ・ピオトル・ピウスツキ

ブロニスワフ・ピオトル・ピウスツキ(Bronisław Piotr Piłsudski、1866年11月2日ユリウス暦10月21日) - 1918年5月17日頃)は、ポーランド社会主義活動家、文化人類学者。1918年に独立したポーランド共和国の初代国家元首ユゼフ・ピウスツキは弟。当時のロシア領ポーランドの公用語であったロシア語の読みでは、ピルスツキーと呼ばれる。

略歴[編集]

ピウスツキが撮影した樺太アイヌ

現在のリトアニアの、ヴィリニュスから北東へ60km離れたシュヴェンチョニース (Švenčionys) 郡のズウフ (Zalavas)に生まれる。ヴィリニュスで高等学校を中退。

1886年サンクトペテルブルクサンクトペテルブルク大学の法学部に入学。 1887年アレクサンドル3世暗殺計画(この時処刑された首謀者の中にはウラジミール・レーニンの兄アレクサンドル・ウリヤーノフがいた)に連座して懲役15年の判決を受け、樺太へ流刑となる。

サハリンへ着くと、初めは大工として働き始めたが、その後原住民の子供たちへ「識字学校」を作ってロシア語や算術・算盤教育を始める。「識字学校」の教師の中には、日本と樺太アイヌの間に生まれた千徳太郎治がいた。その後警察の事務局員となり、ニヴフ(ギリャーク)との交流が増えるようになる。

ブロニスワフの弟で後に新生ポーランド共和国初代国家元首となったユゼフ・ピウスツキ

1891年、同じく流刑されていた民族学者レフ・ヤコヴレヴィッチ・シュテンベルクと知り合う。その後、ニヴフ文化研究及びニヴフ語辞書作成に没頭。

1896年5月14日、アレクサンドル3世の死後に行われた大赦により、懲役刑が15年から10年に減刑される。この年になるとアイヌとも接触するようになり、資料収集を行う。12月6日にはアレクサンドロフスキー岬で開館された博物館に資料を提供。翌1897年に刑期満了。

1899年にはウラジオストクへ渡り、翌1900年パリ万国博覧会用の資料を提供する。1902年にアイヌとウィルタ(オロッコ)の調査のため樺太へ戻り、写真機と蝋管蓄音機を携えて資料収集を行う。同年農民身分となる。年末には、樺太南部にある集落・アイ(日本名:栄浜村相原)で村長バフンケの従妹チュフサンマと結婚し、一男一女をもうける(二人の子どもは第二次世界大戦後、北海道に移住した。彼らの子孫が現在も日本で生活しており、長男木村助造(1903年-1971年)の子孫はピウスツキ家唯一の男系子孫である。チュフサンマは晩年失明し、1936年1月に樺太で死去した)。

その後もロシア語などをアイヌに教える一方でアイヌ、ウィルタ、ツングース族などの資料収集を行っていたが、日露戦争勃発後の1905年、バフンケに反対されたため家族を止む無く残して日本へ渡る。

1905年4月12日、「樺太アイヌ統治規定草案」(沿海地方国家歴史図書館蔵)を作成。

日本では亡命ロシア人による反皇帝組織を支援したり、二葉亭四迷横山源之助上田将大隈重信鳥居龍蔵坪井正五郎宮崎民蔵片山潜らと交流。同年にアメリカ経由でポーランドへ戻る。

帰国後は、ヨーロッパ各地を転々としながら弟ユゼフらと文通を行い、亡命ポーランド人らと交流してポーランドの独立運動に携わる。その一方でアイヌ研究を続けた。

1918年第一次世界大戦終結を前にしてパリセーヌ川に身を投げて自殺。遺書は無かったために動機は不明である。

2013年10月19日、その功績を讃えられ、祖国のポーランド政府から白老町アイヌ民族博物館に胸像が贈られた[1]

少数民族の研究[編集]

ピウスツキが撮影した樺太アイヌ

略歴に述べたように、ピウスツキは流刑された10数年の間に樺太アイヌ、ギリャーク、オロッコなどの写真・音声資料を多量に残した。特に蝋管は200から300本残したといわれているが、その多くは現在では行方不明である(ロシアなどで見つかる可能性はある)。現存する蝋管は、現在では最古の樺太アイヌの音声資料として重要である。

日本では北海道大学を中心としてピウスツキの資料研究が進められており、1983年にはポーランドのザコパネに残されていた64本の蝋管が北海道大学に貸与され、再生及び分析が行われた(この時内容の調査に協力したのが樺太アイヌ語の最後の話者とされる浅井タケである。樺太アイヌ語の研究者村崎恭子も参照)。

主な著作[編集]

  • 「樺太アイヌ統治規定草案」 1905年
  • 「樺太アイヌの状態」上田将訳京華日報社『世界』No26,No27 1906年
    • このときの署名はブロニラウ・ピルスドスキー
  • Materials for the Study of Ainu Language and Folklore. Cracow: The Imperial Academy of Sciences, “Spółka Wydawnicza Polska” 1912.

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]