人民の意志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人民の意志(じんみんのいし、Narodnaya volya)は、ロシア帝国の反体制テロ組織。組織的テロリズムの草分けともいうべき存在である。人民の自由とも呼ばれる。

概要[編集]

ナロードニキの秘密結社「土地と自由」から分裂した過激派によって1879年に結成された。フランス革命に影響を受け帝政の打倒と農村共同体を母体とした社会主義をスローガンに掲げていたが大衆からは支持されていなかった。「最終的には革命は大衆の参加を必要とする」と考えていたがそのために最初に皇帝を暗殺して大衆の価値観を変え、反乱勃発を促そうとしていた。1879年11月には、クリミアから帰還する皇帝を狙った、ツァーリ専用列車爆破を計画するが失敗し翌年には冬宮爆破事件をおこして5人を殺害した。

そして1881年3月1日にソフィア・ペロフスカヤ指揮のもとでアレクサンドル2世暗殺ロシア語版に成功する。事件後の3月10日にアレクサンドル3世公開状をおくり、政治的自由の公布、大赦、制憲議会招集を条件にテロ中止を申し入れたが、政府はこれを無視して弾圧を加え主要メンバーは逮捕された。4月には皇帝暗殺事件関係者のペロフスカヤら5人が絞首刑に処せられた。

その6年後、1887年3月1日に、アレクサンドル・ウリヤノフウラジーミル・レーニンの兄)らが皇帝アレクサンドル3世の暗殺に失敗し、組織は壊滅した。

影響[編集]

この組織の戦略は国内外の革命家やテロ組織に大きな影響を与えた。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]