サン・ステファノ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン・ステファノ条約によるブルガリアの領域

サン・ステファノ条約(サン・ステファノじょうやく)は、1877年露土戦争の講和条約。イスタンブル西方の村・サン・ステファノ英語版において1878年3月3日ロシア帝国オスマン帝国のあいだで結ばれた。

この条約によって、オスマン帝国は多額の賠償金とともに、

などを課せられた。しかし、ヨーロッパ南東部におけるロシアの影響力の拡大、特にブルガリアの領土がエーゲ海に接していることによりロシア海軍がエーゲ海北部に拠点を置くことを恐れたイギリスオーストリアの干渉により、1878年6月ベルリン会議によって、ブルガリア国境が縮小されてマケドニアはオスマン帝国に復し、ロシアはバヤジト地方などの放棄を余儀なくされた。このことが、後の大ブルガリア主義に発展していくことになる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]