Yes Happy!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Yes Happy!
出身地 日本の旗 日本島根県松江市[1]
ジャンル J-POPアイドル
活動期間 2008年 - 現在
事務所 ミケネコカンパニー
公式サイト オフィシャルブログ「ハッピーちゃん!ねる」
メンバー さやか
こころ

Yes Happy!(いえす はっぴー)は、2人組の女性アイドルグループである。略称はイエハピいえはぴ

関西を拠点に活動しているが、メンバーは共に島根県松江市の出身である。

メンバー[編集]

名前 生年月日 血液型 出身地 メンバーカラー 愛称
さやか (1988-09-10) 1988年9月10日(29歳) B型 島根県松江市[1] オレンジ さやち、さやちゃん、おさや
こころ (1988-07-11) 1988年7月11日(29歳) A型 島根県松江市[1] ライトピンク ここち、こっちゃん、ここちゃん

概要[編集]

メンバー2人は出身地だけでなく、中学・高校(松江市立第一中学校島根県立松江商業高等学校[2])も同じ。接点のない期間が多かったが、高校3年時の球技大会時に会話をしていた際、共にハロー!プロジェクトの大ファンであることが判明し、一気に交流が深まった。

高校卒業後、さやかが進学の為大阪に移住。アイドルを目指し、様々なオーディションを受けていたこころが、来阪時に頼ったことをきっかけに、同居生活が始まった[1]。こころがさやかを誘うかたちで、2008年頃からユニット活動を開始。当初はショッピングモールなどで、アイドルソングやアニメソングのカバーを披露していた。

就職説明会をきっかけに、さやかがアップフロント関西と接点を持ち、2人ともがハロー!プロジェクト オフィシャルショップの大阪心斎橋店で勤務するようになる。2011年6月より、グループとして同事務所に所属し、2016年9月まで約5年間在籍していた。この期間も、ショップが日本橋に移転するまでは、店員として店に立つことがあった。

アップフロントグループの退社後、暫くはマネージャーの愛野と共にフリーランスで活動していたが、2017年1月以降は、主催ライブ時の社名が「ミケネコカンパニー」となっている(2人以外の所属タレントはいない)。

2017年11月30日現在、デビュー5年以上でメンバーの変動がない歴代アイドルユニットとしては、まなみのりさ(2007〜)、Yes Happy!(2008〜)、Chelip(2012〜)の順で2番目となっている。

エピソード[編集]

Yes Happy!というグループ名は、アイドル好きだったこころが、小学校の時に友人と結成したアイドル名に由来する。こころは、高校生の時にも友人とYes Happy!を名乗っている。

ハロー!プロジェクトの中でも、さやかは亀井絵里、こころは道重さゆみの大ファン。それぞれのイメージカラーも、亀井と道重に揃えたものである。

作詞[編集]

2014年7月に発表された『アニバーサリー』以降、殆どの作品でどちらかもしくは2人の共作というかたちで、メンバーが作詞を担当している(『カンパイソング』と『We are always happy!』では、マネージャーの愛野益巳が作詞を担当)。それ以前にも、初のオリジナル曲『Yes Happy Day!!!』等で、散発的には全てや一部で作詞を担当していた。

2013年7月から2016年9月まで並行して活動を行っていたLovelys!!!!でも、2人や愛野が作詞を担当した作品が複数存在し、2人が卒業した2016年10月以降も歌われ続けている。さやか・愛野は、外部グループへの提供も行っている。

略歴[編集]

2011年
  • 6月、アップフロント関西に所属。
  • 6月13日、アメーバブログで公式ブログを開始。
  • 10月5日Ustreamの「宮崎梨緒のゆーすとりーたん」に出演。以降不定期参加。
  • 12月5日、「ハロプロトリビュートライブ」の第1回に、ショップ店員枠として出演。
2012年
  • 8月13日、「Hello!girls!!」に出演した際に、オリジナル曲「Yes Happy Day!!!」を発表。
  • 9月29日、「West Idol Festival Special」に出演した際に、オリジナル曲「Ne!」を発表。
  • 10月25日、公式アカウントでTwitterを開始。
  • 10月28日、公式ブログでのお知らせとして「~Yes Happy!CDリリースへの道~ 」と題した企画が発足。(2012年11月1日~2013年2月末日の期間中に、シリコンバンドを500本を完売すると、CDリリース及びCD発売イベントの開催が約束される)
2013年
  • 1月14日、Hello!girls!公演の物販にてシリコンバンドが完売。
  • 2月17日、1stミニアルバム「1st!!!」リリース
  • 3月7日、CDリリース記念ライブ「Yes Happy! 1st!!!リリース記念ライブ~みんながここにいるんだもん~」開催。
  • 3月22日、松江市観光大使に就任[2]
  • 7月11日、ソロで活動していた宮崎梨緒Lovelys!!![3]を結成、以後2つのグループを兼任しての活動を行う。
2014年
  • 4月14日、2ndミニアルバム「2nd!?」リリース。
2015年
  • 4月22日、「磁石」「natural may good」が収録された、Lovelys!!!!の1stアルバム「Hello! girl!!」リリース。
2016年
  • 4月25日、当日のライブをもって、こころが体調不良を理由にLovelys!!!!を休業し、Yes Happy!のみに専念[4]
  • 9月25日、当日のライブをもって、既に休業していたこころを含め、共にLovelys!!!!を卒業。Yes Happy!のみの活動に戻る。
  • 10月9日、当日のイベントにて、既にアップフロント関西を辞め、フリーとしての活動に移行していることを報告(マネージャーの愛の野も、同時に事務所を離れている)。
  • 11月28日、『ダーリン』をミュージックカードにてリリース。これを含めて3曲のミュージックカードを順次リリースし、三千枚(各千枚)の完売で、フルアルバムが制作されることも同日に発表
2017年
  • 1月31日、新曲『カンパイソング』をミュージックカードにてリリース
  • 3月14日、新曲『理想的なラブソング』をミュージックカードにてリリース
  • 7月24日、当日のイベントにて、ミュージックカード計三千枚が完売。フルアルバムが正式に決定する。
  • 9月25日、初のフルアルバム「Last Summer」リリース
  • 9月25日、26日、さやか、こころのLovelys!!!!卒業1周年を記念し、宮崎梨緒、八木沙季とともに、2日間限りのLovelys!!!!を再結成。大阪RUIDOにて、「Plutinum Live~いつでもここで待ってるよ~」(25日)、「同~明日へ~」(26日)を開催
  • 11月19日、渋谷のRUIDO K2にて、初の東京ワンマンを開催。ほぼ満員の盛況で大成功を収める。

ハロー!プロジェクトとの関係[編集]

2016年9月まで所属していたアップフロント関西と、ハロー!プロジェクトが所属するアップフロントプロモーションは、供にアップフロントグループ傘下ではあるものの、別会社である為、アーティスト同士の関係性は希薄である。しかし、以下のような形ではハロー!プロジェクトの関係を持ちながら活動を行っていた。

  • ハロー!プロジェクトオフィシャルショップにおいて、公式生写真やTシャツが販売される事があった(主に大阪心斎橋店)。
  • イベントやライブでハロー!プロジェクトの曲を歌唱する事がある。
  • ハロー!プロジェクトの公式ムックハロー!チャンネルに掲載された事がある。
  • 1stミニアルバム「1st」がハロー!プロジェクト オフィシャルショップ モール店にて販売されていた。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 自由ほんぽーおしゃべり本舗 (2013年1月22日、山陰放送)
  • 夕刊DARA+ (2013年1月22日、DARAZ fm)
  • ティンラジ (2013年1月26日、山陰放送)
  • 梅田SWING! (2013年2月1日、SORA×NIWA)
  • 堀江政生のほりナビ‼ (2013年3月6日、ABCラジオ)

ライブ・イベント[編集]

  • Hello!girls!! (2012年8月13日、OSAKA MUSE)
  • Kiralin☆Idol Circuit!~2012サマー・グランプリ~ (2012年8月20日、FANJ twice)
  • 宮崎梨緒&Yes Happy!ミニライブ&トークショー・握手会 (2012年8月25日、ダイエー甲子園店)
  • 宮崎梨緒&Yes Happy!ミニライブ&トークショー・握手会 (2012年8月26日、ダイエー甲子園店)
  • ホリプロ大阪秋祭り (2012年9月17日、イーエスピー学園 専門学校)
  • West Idol Festival Special (2012年9月29日、インディペンデントシアター2nd)
  • 御堂筋Kappo (2012年10月14日、御堂筋)
  • OSAKA RUIDO presents キュートな夜vol.19 (2012年10月18日、OSAKA RUIDO)
  • Delicious Live on Thursday Night (2012年10月25日、Love Com Theater)
  • Hello!girls!! (2012年11月16日、OSAKA MUSE)
  • 島根50周年記念事業「神々のくにしまねフェア」(2012年11月18日、大阪ビジネスパーク)
  • GO!GO!カンテーレ感謝祭 (2012年11月25日、扇町公園)
  • 宮崎梨緒&Yes Happy!トークショー・握手会 (2012年11月26日、神戸ハーバーランド)
  • Hello!Project TRIBUTE LIVE vol.5 (2012年12月6日、OSAKA MUSE)
  • Delicious Live on Thursday Night (2012年12月20日、Love Com Theater)
  • 新春アイドル祭り Hello!girls!! (2013年1月14日、OSAKA MUSE)
  • ハッピーアイドルライブ (2013年1月23日、松江AZTiC canova)
  • Yes Happy! 1st!!!リリース記念ライブ~みんながここにいるんだもん~ (2013年3月7日、OSAKA MUSE)
  • Delicious Live on Thursday Night (2013年2月21日、Love Com Theater)
  • OSAKA RUIDO presents キュートな夜 vol.20 (2013年3月8日、OSAKA MUSE)

Web[編集]

  • 宮崎梨緒のゆーすとりーたん (2011年11月5日 - 2012年9月26日 、Ustream)-不定期
  • Yes Happy!のユーストリーム(仮称) (2012年10月31日 - 、Ustream)
  • 西日本ハンハーガー協会Presents YabUstreamZ スペシャル 真野恵里菜を語り尽くせ!!!」 (2013年2月6日、Ustream)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

リリース タイトル 収録曲 備 考
1 2017年9月25日 Last Summer
  1. 理想的なラブソング
  2. ダーリン
  3. GO!GO!夏のフラガールズ!
  4. カンパイソング
  5. We are always happy!
  6. Dance with me
  7. last summer
  8. Good Bye My Friend
  9. 今日という日
Lovelysのアルバム「RioSaki」と同日発売
Dance with meの振付は元キャラメルリボンの吉仲葵

ミニアルバム[編集]

リリース タイトル 収録曲 レコードNo: 備 考
1 2013年2月17日 1st!!!
  1. Yes Happy Day!!!
  2. Ne!
  3. ひこうき雲
UFKYH-001 Yes Happy Day!!!の作詞はYes Happy!
2 2014年4月14日 2nd!?
  1. Wonder!
  2. マドンナソング
  3. 相逢傘~だんだん Ver.~
  4. 雨の城下町
UFKYH-003 相逢傘は一部Yes Happy!が作詞

シングル[編集]

リリース タイトル 収録曲 レコードNo: 備 考
1 2013年9月30日 相逢傘~だんだんバージョン~
  1. 相逢傘~だんだんバージョン~
  2. 相逢傘~アコスティックバージョン~
  3. 相逢傘 Instrumental
UFKYH-002

ミュージックカード[編集]

リリース タイトル 収録曲 備 考
1 2016年11月28日 ダーリン
  1. ダーリン
  2. ダーリン Instrumental
作詞はさやか
2 2017年1月30日 カンパイソング
  1. カンパイソング
  2. カンパイソング Instrumental
作詞は愛野益巳(ラブリー)
3 2017年3月14日 理想的なラブソング
  1. 理想的なラブソング
  2. 理想的なラブソング Instrumental
作詞はこころ

他のオリジナル曲[編集]

  • natural may good(作詞はさやか)
  • 磁石(作詞はこころ)
共にLovelys!!!!のフルアルバム『Hello! girl!!』に収録。

未商品化

  • アニバーサリー(作詞はさやか)
Lovelys!!!!としての音源は、フルアルバム『Hello! girl!!』に収録済。
  • 汗かけナイスガイ
  • 君を想う(作詞はYes Happy!)
  • ライバル(作詞はこころ)

楽曲一覧[編集]

※初披露順

 楽曲名 発表年 初音源化 作詞 作曲
Yes Happy Day!!! 2012年  2013年 Yes Happy! ポテロック
Ne! 2012年  2013年 原田豪登 原田豪登
ひこうきぐも 2012年  2013年 平地孝次 平地孝次
相逢傘 2013年  2013年 原田豪登、Yes Happy! 原田豪登
マドンナソング 2013年  2014年 愛野益巳(ラブリー) 石田竜平
Wonder! 2013年  2014年 平地孝次、Yes Happy! 平地孝次
雨の城下町 2014年  2014年 平地孝次、Yes Happy! 平地孝次
汗かけナイスガイ 2014年  × 石田竜平
アニバーサリー 2014年  2015年[5]  さやか 原田豪登
磁石 2014年  2015年 こころ 平地孝次
natural may good 2015年  2015年 さやか 正垣和則
君を想う 2015年  × Yes Happy! 平地孝次
ライバル 2016年  × こころ 石田竜平
ダーリン 2016年  2016年 さやか 正垣和則
カンパイソング 2017年  2017年 愛野益巳(ラブリー) 正垣和則
理想的なラブソング 2017年  2017年 こころ 正垣和則
Good Bye My Friend 2017年  2017年 さやか 正垣和則
We are always happy! 2017年 2017年 愛野益巳(ラブリー) 正垣和則
GO!GO!夏のフラガールズ! 2017年 2017年 徳田憲治 寺井孝太
Dance with me 2017年  2017年 こころ 中垣沢正
今日という日 2017年  2017年 愛野益巳(ラブリー) 正垣和則
last summer 2017年  2017年 さやか 藤村佑樹
キミと2人 2017年  × こころ 正垣和則

外部提供(作詞)[編集]

さやか

Lovelys(発表当時は在籍)
  • プラチナ
  • 渚のヤケド
  • 明日へ
POPUP
  • START!
  • 君と僕
  • 夏恋
CHOCO★MILQ
  • キミトノミライ
カラフルスクリーム
  • my color


こころ

Lovelys(発表当時は在籍)
  • 世界中が幸せであるように


愛野益巳 ※マネージャー

Lovelys(発表当時は担当マネージャー)
  • いちばん大事なこと
  • OH YEAH
POPUP
  • アツイキモチ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “大阪ロマン紀行 松江市観光大使「Yes Happy!」”. 大阪日日新聞. (2015年4月18日). http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/oskroman/150418/20150418082.html 2015年12月19日閲覧。 
  2. ^ a b “松江出身アイドル 観光大使に 24歳の女性”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2013年3月29日). http://www.asahi.com/area/shimane/articles/OSK201303280150.html 2015年12月19日閲覧。 
  3. ^ 1年後に八木沙季が加入し、以後はLovelys!!!!表記となる。
  4. ^ ただし正式に卒業するまでの期間は、節目のライブなどで、散発的にはLovelys!!!!のイベントに参加していた。
  5. ^ Lovelys!!!!版。Yes Happy!としては未音源化。

外部リンク[編集]