黒田内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黑田内閣から転送)
移動先: 案内検索
黒田内閣
Kiyotaka Kuroda formal cropped.jpg
内閣総理大臣 第2代 黒田清隆
成立年月日 1888年(明治21年)4月30日
終了年月日 1889年(明治22年)10月25日
与党・支持基盤 藩閥内閣
施行した選挙 なし(帝国議会未設置)
衆議院解散 なし(帝国議会未設置)
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

黒田内閣(くろだないかく)は、農商務大臣黒田清隆が第2代内閣総理大臣に任命され、1888年(明治21年)4月30日から1889年(明治22年)10月25日まで続いた日本の内閣である。

本項では、黒田の総理辞任後2ヵ月間にわたって存在した内大臣三條實美を首班とする三條暫定内閣(さんじょうざんていないかく)についても解説する。三條暫定内閣は、1889年(明治22年)10月25日から同年12月24日まで続いた。

内閣の顔ぶれ・人事[編集]

国務大臣[編集]

黒田内閣
  • 在職日数544日
三條暫定内閣
  • 在職日数61日
職名 氏名 出身等 備考
内閣総理大臣 2 黒田清隆 Kiyotaka Kuroda formal cropped.jpg 薩摩藩
伯爵
陸軍中将
1889年10月25日辞任
- 三条実美 Sanetomi Sanjo formal cropped.jpg 公家
公爵
初入閣
内大臣兼任(内閣総理大臣兼任
1889年10月25日就任
外務大臣 2 大隈重信 Shigenobu Okuma 2.jpg 肥前藩
伯爵
留任
内務大臣 1 山縣有朋 Yamagata Aritomo cropped.jpg 長州藩
伯爵
陸軍中将
留任
大蔵大臣 1 松方正義 4 MatsukataM.jpg 旧薩摩藩
伯爵
留任
陸軍大臣 1 大山巌 Iwao Oyama 2 (cropped).jpg 旧薩摩藩
伯爵
陸軍中将
留任
海軍大臣 1 西郷従道 Saigo Judo 1-1.jpg 旧薩摩藩
伯爵
陸軍中将
留任
司法大臣 1 山田顕義 Yamada akiyoshi 1.jpg 旧長州藩
伯爵
陸軍中将
留任
文部大臣 1 森有礼 Arinori Mori 2.jpg 旧薩摩藩
子爵
留任
1889年2月12日死亡欠缺
- (不在) 1889年2月16日まで
- 大山巌 Iwao Oyama 2 (cropped).jpg 旧薩摩藩
伯爵
陸軍中将
臨時兼任(海軍大臣兼任)
1889年2月16日就任
1889年3月22日辞任
2 榎本武揚 Takeaki Enomoto cropped.jpg 幕臣
子爵
海軍中将
1889年3月22日就任
農商務大臣 - 榎本武揚 Takeaki Enomoto cropped.jpg 旧幕臣
子爵
海軍中将
臨時兼任(逓信大臣兼任)
1888年7月25日辞任
4 井上馨 Inoue Kaoru.jpg 旧長州藩
伯爵
1888年7月25日就任
1889年12月23日辞任
- (不在) 1889年12月24日まで
逓信大臣 2 榎本武揚 Takeaki Enomoto cropped.jpg 旧幕臣
子爵
海軍中将
農商務大臣兼任
1889年3月22日辞任
3 後藤象二郎 Goto Shojiro.jpg 土佐藩
伯爵
1889年3月22日就任
班列 - 伊藤博文 Itō Hirobumi.jpg 長州藩
伯爵
1888年4月30日就任
1889年10月30日辞任
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

その他の人事[編集]

職名 氏名 出身等 備考
内閣書記官長 1 田中光顕 Mitsuaki Tanaka cropped.jpg 旧土佐藩
子爵
陸軍少将
1888年5月28日辞任
2 小牧昌業 Komaki Masanari.jpg 旧薩摩藩 1888年5月28日就任
法制局長官 2 井上毅 Inoue Kowashi 2.jpg 肥後藩
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

勢力早見表[編集]

※ 内閣発足当初

出身藩閥 国務大臣 内閣書記官長 法制局長官 その他
くげ公家 0 0 0
さつま薩摩藩 5 0 0
ちょうしゅう長州藩 3 0 0
とさ土佐藩 0 1 0
ひぜん肥前藩 1 0 0
ばくしん幕臣 1 0 0 国務大臣のべ2
その他の旧藩 0 0 1
- 10 1 1

内閣の動き[編集]

黒田内閣[編集]

伊藤博文大日本帝国憲法の制定に専念するため総理を辞して初代枢密院議長に転じることになり、後任には薩摩閥の中心的存在のひとりで農商務大臣として閣内にあった黒田清隆を推奏した。黒田は自分が務めていた農商務大臣を逓信大臣榎本武揚に兼務させたほかは、全閣僚を留任させて新内閣を発足させた(農商務大臣には後に井上馨を専任)。

黒田内閣の役目は、憲法制定と議会開設によって再燃が予想された自由民権運動に対する取締り強化と、欧米列強との間に交わされたままとなっていた不平等条約改正を実現することであった。

大日本帝国憲法衆議院議員選挙法が公布された翌日(1889年(明治22年)2月12日)、黒田は鹿鳴館で開催された午餐会の席上において「超然主義演説」を行って政党との徹底対決の姿勢を示したが、その一方で立憲改進党前総裁(実質は党首)で外務大臣大隈重信を留任させて条約改正の任にあたらせた。また文部大臣の森有礼の暗殺後、榎本武揚が文部大臣に移動して空席となった逓信大臣には、大同団結運動の主唱者であった後藤象二郎を充てて、同運動を骨抜きにすることで自由民権諸派の団結を阻止した。また条約改正の分野でも、メキシコとの間に平等条約である日墨修好通商条約を締結することに成功、列強との条約改正交渉も順調に行くかに見えた。

しかし外務省が用意した改正草案に妥協案として「外国人裁判官の任用」の条項が含まれていたことが明らかになると、蜂の巣を突いたような大騒動となった。一旦解体したはずの大同団結運動が今度は板垣退助を擁して再燃し、政府内からも山縣有朋や後藤象二郎、伊藤博文、井上馨らが妥協案に反対する意志を示した。黒田は大隈を擁護したが、条約改正交渉は中断に追い込まれた。そこへ来て10月18日には、馬車で外相官邸に入ろうとした大隈に国家主義団体玄洋社団員来島恒喜が爆烈弾を投げつけ、大隈が右脚切断の重傷を負うという椿事が発生した。進退窮まった黒田は一週間後の25日、全閣僚の辞表を提出した。

三條暫定内閣[編集]

明治天皇は、黒田内閣全閣僚の辞表のうち黒田の辞表のみを受理して、他の閣僚には引き続きその任に当たることを命じるとともに、内大臣の三條實美に内閣総理大臣を兼任させて内閣を存続させた。このとき憲法はすでに公布されていたが、まだ施行はされていなかった。諸制度の運用に関しては天皇の裁量が許容された時代だった。

三條は1868年(明治元年)に太政官制が導入されて以来、そして1871年(明治4年)に太政大臣に就任して以来、実権はさておき名目上は常に明治新政府の首班として諸事万端を整えることに努めてきたが、伊藤博文の主導する内閣制度の導入によってこれに終止符が打たれたのはこの4年前のことだった。伊藤が内閣総理大臣に就任したことにともない、三條は内大臣として宮中にまわり、以後は天皇の側近としてこれを「常侍輔弼」することになったのだが、そもそも内大臣府は三條処遇のために創られた名誉職であり、実際は彼を二階へあげて梯子を外したも同然だった。さすがの明治天皇もこれを気の毒に思っていたのである[1]

天皇が三條に下した命は「臨時兼任」ではなく「兼任」であり、しかもその後は何の沙汰も下さない日が続いた。天皇が次の山縣有朋に組閣の大命を下したのは実に2ヵ月も経った同年12月24日のことだった。そのため、この期間はひとつの内閣が存在したものとして、これを「三條暫定内閣」と呼ぶことになった。

しかしやがて憲法が施行され、内閣総理大臣の「臨時兼任」や「臨時代理」が制度として定着すると、この三條による総理兼任の背後事情は次第に過去の特別な例外として扱われるようになった。今日ではこの2ヵ月間に「内大臣の三條が内閣総理大臣を兼任していた」とはしながらも、それは「黒田内閣の延長」であって「三條は歴代の内閣総理大臣には含めない」とすることが時代の趨勢となっている。

脚注[編集]

  1. ^ ただし表向きの理由として、黒田の辞表提出時には山縣への大命降下は決定済みであったものの、欧州視察から帰国したばかりの山縣が「国内状況を把握していない」として組閣に慎重な姿勢を崩さなかったからといわれた。

外部リンク[編集]