美しき愛の掟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美しき愛の掟
ザ・タイガースシングル
初出アルバム『THE TIGERS AGAIN
B面 風は知らない
リリース
ジャンル グループ・サウンズ(GS)
時間
レーベル 日本グラモフォン(ポリドール)
作詞・作曲 なかにし礼村井邦彦
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 1969年度年間42位(オリコン)
ザ・タイガース シングル 年表
青い鳥
1968年
美しき愛の掟
(1969年)
嘆き
(1969年)
テンプレートを表示

美しき愛の掟」(うつくしきあいのおきて)は1969年4月に発売された、ザ・タイガースにとって9枚目のシングル曲である。

解説[編集]

加橋かつみ脱退後の第1弾(通算9作目)シングルとして69年4月21日にリリース。オリコン4位まで上るヒットとなった。加橋が在籍中の2月5日にレコーディングされていたが、発売まで1ヶ月を切るギリギリのスケジュールの中、新メンバーの岸部シローを加えて急遽コーラス部分を録り直している。 尚、同日レコーディングされたカップリングの「風は知らない」は、スケジュールの都合上、コーラスの録り直しができなかったため、加橋の声をハッキリと聴き取れる。 A面がバニラ・ファッジ等を意識したニューロック調。B面はフォーク調といった具合に、当時GSに替わり台頭してきた日本の音楽シーンの二大潮流を反映したシングルとなった。

収録曲[編集]

  1. 美しき愛の掟 (A decree of love)(3分12秒)
  2. 風は知らない (The wind doesn't know)(3分38秒)

参考文献/外部リンク[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]