Smile For Me

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スマイル・フォー・ミー
ザ・タイガースシングル
B面 淋しい雨
リリース 1969年7月25日
録音 1969年5月29日
イギリスの旗 イギリス ロンドン[1]
ジャンル グループ・サウンズ(GS)
時間 2分59秒
レーベル 日本グラモフォン(ポリドール)
チャート最高順位
ザ・タイガース シングル 年表
嘆き
1969年
スマイル・フォー・ミー
(1969年)
君を許す/ラヴ・ラヴ・ラヴ
1969年
テンプレートを表示

スマイル・フォー・ミー」(Smile for me)は、ザ・タイガースが「美しき愛の掟」に続いて1969年7月に発売したシングルである。既にGSブームは完全に終焉を迎えていた、そんな頃であった。

解説[編集]

「スマイル・フォー・ミー」は前年1968年に雑誌『ヤング・ミュージック』(集英社)の企画による国際電話対談でザ・タイガースとビー・ジースが意気投合し、ビー・ジーズのバリー・ギブモーリス・ギブが作詞・作曲を手がけたプレゼント曲である。

吹き込みは映画『ザ・タイガース ハーイ!ロンドン』の撮影のため滞在していたロンドンで行われた[2]。両面共に英語詞から成る作品。イギリス盤も発売され、こちらは「淋しい雨」がA面扱いとなっていた[3]

曲終盤の転調部分のキーが沢田にとって高過ぎたため、この時ロンドンのレコーディングスタジオにタイガースを訪ねていた中尾ミエ(タイガースと同じ渡辺プロダクション所属)が沢田と共に歌う事で補われている。なおこの曲をライブ演奏する際は沢田が歌えるよう、転調しないアレンジに変えている。

録音順では「嘆き」が先だったものの渡辺プロダクションと日本グラモフォン両者の思惑によって後で録音された「スマイル・フォー・ミー」が先行発売される運びとなった。

収録曲[編集]

  1. スマイル・フォー・ミー (Smile for me)(2分59秒)
  2. 淋しい雨 (Rain falls on the lonely)(2分53秒)
    • 作詞・作曲:Ronald F. Bond,Ronnie Sebastian/編曲:John Fiddy[4]

脚注[編集]

  1. ^ 磯前順一『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』集英社集英社新書)、2013年、216頁。ISBN 978-4-08-720714-9
  2. ^ 『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』216-217頁。
  3. ^ 『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』221頁。
  4. ^ a b ザ・タイガース/コンプリート・ディスコグラフィー:シングル:スマイル・フォー・ミーの情報を元に整理。「淋しい雨」の作詞作曲者クレジットは日本盤では"R.Bond"のみ、イギリス盤では"Sebastian"のみだった。

関連項目[編集]