仮面劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
真珠色の仮面から転送)
移動先: 案内検索
仮面劇場
著者 横溝正史
発行日 1938年
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 242
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

仮面劇場』(かめんげきじょう)は、横溝正史の長編推理小説。およびそれを原作としたテレビドラマ作品。

2014年3月までにテレビドラマ1作品が制作されている。

概要[編集]

1938年10月から11月まで『サンデー毎日』に『仮面劇場』として連載され、『暗闇劇場』『旋風劇場』との2度の改題による単行本刊行をへて、1970年10月に、講談社版『横溝正史全集2』に再び『仮面劇場』として収録された。

ストーリー[編集]

重複障がい者の美少年虹之助が小舟に乗せられ、波間を漂流していたところを未亡人の大道寺綾子が鎌倉の邸宅にひきとる。綾子は、自分の婚約者志賀恭三とその家族に引き合わせることにしたが、探偵由利麟太郎は、計り知れない戦慄を虹之助から感じ取る。

登場人物[編集]

  • 虹之助
  • 大道寺綾子
  • 志賀恭三
  • 甲野静馬 - 由美の兄。
  • 甲野由美 - 静馬の妹。
  • 大道寺珠代 - 綾子の義姉。
  • きよ - 大道寺家のお手伝い。
  • 源造 - 大道寺家の運転手で、きよの夫。
  • 甲野梨枝子 - 甲野四方太の妻、甲野静馬・由美兄妹の母で、志賀真知子の妹。
  • 志賀真知子 - 志賀恭介の妻、志賀恭三・琴江兄妹の母で、甲野梨枝子の姉。
  • 志賀恭介
  • 志賀琴江 - 志賀恭三の妹。

テレビドラマ[編集]

1978年版[編集]

仮面劇場
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日22:00 - 22:55(55分)
放送期間 1978年9月16日 - 10月7日(4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
企画 角川春樹事務所
監督 井上芳夫
原作 横溝正史『仮面劇場』
脚本 鴨井達比古
出演者 古谷一行
エンディング 茶木みやこ「あざみの如く棘あれば」
テンプレートを表示

横溝正史シリーズII・仮面劇場』は、TBS系列1978年9月16日から10月7日まで毎週土曜日22:00 - 22:55に放送された。全4回。

原作には金田一耕助は出てこないが、原作者の了解を得て脚色した旨、表示される。

ストーリー
フェリーに乗り合わせていた大金持ちの未亡人大道寺綾子と金田一耕助
そこに、少年虹之助を乗せた一艘の小船が流れてくる。
綾子は、少年の面倒を見ると申し出る。
鎌倉を舞台に甲野家、志賀家の因縁が殺人事件に。
キャスト
スタッフ
毎日放送TBS系列 横溝正史シリーズII
前番組 番組名 次番組
黒猫亭事件
(1978.9.2 - 1978.9.9)
仮面劇場
(1978.9.16 - 1978.10.7)
迷路荘の惨劇
(1978.10.14 - 1978.10.28)

漫画[編集]

  • 真珠色の仮面(高階良子講談社なかよしKC、1975年11月5日、ISBN 4061082256、ISBN-13 9784061082250)
    • 横溝正史の小説『仮面劇場』を原作とする。『なかよし』(講談社)にて連載された。『十字架に血のさかずきを』を同時収録。