父島近海地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
父島近海地震
父島近海地震の位置(日本内)
父島近海地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 2010年12月22日
発生時刻 2時20分(JST
震央 日本の旗 日本 父島近海(父島の東170km付近)
北緯27度3.1分
東経143度56.1分(地図
震源の深さ 8 km
規模    気象庁マグニチュード(Mj)7.8
最大震度    震度4:東京都小笠原村父島 母島
津波 0.5m(八丈島八重根)[1][注 1]
地震の種類 海洋プレート内地震
右横ずれ成分含む正断層
余震
最大余震 2010年12月23日06時49分、父島近海、M6.5、深さ59km、最大震度3
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

父島近海地震(ちちじまきんかいじしん)は、2010年12月22日2時20分に発生した地震である。

概要[編集]

小笠原諸島父島の東約170km付近、深さ8kmを震源として発生した。地震の規模を示すマグニチュードはMj(気象庁マグニチュード)で7.4[2]あるいは7.8[3][4]Mw(モーメントマグニチュード)で7.3[3]〜7.4[5]と推定される。Mj7.8(Mj7.4)という規模は、周辺の深さ0km〜200kmで起きた地震としては1923年以降で最も規模が大きい[2]東京都小笠原村で最大震度4を観測したほか、岩手県関東地方から沖縄地方にかけて津波を観測した。

メカニズム[編集]

この地震の発震機構は西北西から東南東走向で北東-南西方向に張力軸を持つ右横ずれ成分含む正断層型[2]で、伊豆・小笠原海溝海溝軸東側の太平洋プレート内部で発生した海洋プレート内地震(所謂アウターライズ地震)である。地震の揺れから求めるMjは7.8[3][4][注 2]であり、気象庁によるCMT解析のMwは7.3[3]、遠地実体波解析のMwは7.4[5]と気象庁マグニチュードよりも小さかった。アメリカ地質調査所によるW-phase解析のMwは7.3、CMT解析のMwは7.4であった[6]。 また、GPS観測の結果、この地震によって父島で西南に1.4cm、母島で西南に1.7cmの地殻変動が観測された[7][8]

この地震の震央付近は地震活動が活発で、伊豆・小笠原海溝の東側では南北方向〜北東-南西方向に張力軸を持つ型、伊豆・小笠原海溝の西側では東西方向に圧縮軸を持つ逆断層型の地震が多く発生している[2]

震度[編集]

震度2以上を観測した地点は次の通り[4]

震度 都道府県 市区町村
4 東京都 小笠原村(父島 母島)
2 岩手県 矢巾町
宮城県 栗原市 登米市 美里町 大崎市 角田市 岩沼市 蔵王町 大河原町 丸森町 石巻市
福島県 福島市 郡山市 白河市 二本松市 国見町 川俣町 泉崎村 玉川村 田村市 双葉町 浪江町 南相馬市 猪苗代町 会津坂下町
茨城県 常陸太田市 笠間市 常総市 つくばみらい市
栃木県 岩舟町 高根沢町
埼玉県 加須市 鴻巣市 久喜市 春日部市 幸手市 川島町 宮代町 さいたま市大宮区
千葉県 千葉市中央区 市原市 浦安市 鴨川市 鋸南町
東京都 千代田区 国分寺市
神奈川県 横浜市神奈川区 西区 中区 南区 保土ケ谷区 港北区) 川崎市川崎区 厚木市
新潟県 南魚沼市
山梨県 忍野村

小笠原村で震度4以上を観測したのは2001年9月13日に父島近海で発生した地震で震度4を観測して以来のことであった[2]

津波[編集]

地震発生8分後の12月22日2時28分に、気象庁は津波警報小笠原諸島に、津波注意報伊豆諸島静岡県愛知県外海、三重県南部、和歌山県徳島県高知県宮崎県種子島屋久島地方、奄美諸島トカラ列島に発表し、地震発生5時間後の7時20分までに全ての津波警報・注意報を解除した。八丈島八重根で0.5m[注 1]父島で22cmの津波を観測したほか、東北地方の一部、関東地方南部から沖縄地方にかけての太平洋沿岸でも4cm〜15cmの津波が観測された。津波が予想よりも低かった理由は、モーメントマグニチュードが小さかったためだと考えられている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 巨大津波計で観測されたため、観測精度は0.1m単位
  2. ^ 地震・火山月報ではMj7.4 とされている。平成22年12月地震・火山月報(防災編) (PDF)

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]