えびの地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
えびの地震
えびの地震の位置(日本内)
えびの地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1968年(昭和43年)2月21日
発生時刻 10時44分50秒 (JST)
震央 日本の旗 日本 宮崎県 えびの高原
北緯32度1分
東経130度43分(地図
震源の深さ 0km
規模    マグニチュード(M)6.1
最大震度    震度6:宮崎県えびの市真幸
地震の種類 直下型地震
余震
最大余震 19時19分05秒 (JST) M5.6
被害
死傷者数 死者3名 負傷者44名
被害地域 主に宮崎県、熊本県鹿児島県
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

えびの地震(えびのじしん)は、1968年昭和43年)2月21日10時4450宮崎県鹿児島県境の韓国岳の北西15km付近(えびの高原 北緯32度1分、東経130度43分)を震源として発生したM6.1の地震えびの町(現:えびの市)の真幸地区では、震度6を観測した。

概要[編集]

  • 21日8時51分37秒に震度5 (M5.7)、また、翌22日19時19分05秒にも同じく震度5 (M5.6)を記録している。気象庁では、21日午前10時45分の地震をえびの地震と命名し、8時51分の揺れは前震、翌日の22日19時19分の揺れは余震とした。しかし、地震の発生状況から、これらは群発地震であると考えられる。
  • 21日8時51分発生の前震から翌月3月25日1時21分発生の余震まで、震度5以上の地震が5回発生し、その内の4回の地震では被害を生じた。
  • 揺れはほぼ九州全域で観測され、被害は宮崎、熊本、鹿児島の3県におよび、特に真幸地区と鹿児島県姶良郡吉松町(現・湧水町吉松地区)の被害が大きかった。
  • 土地柄、シラス崩壊による被害が多かった。
  • 被害状況は死者3名、負傷者44名、全壊498戸、半壊1,278戸、一部損壊4,866戸。この他にも鉄道道路などが分断、橋の損壊、耕地の埋没も見られた。
  • 地震によって弱くなった地盤は、1972年昭和47年7月豪雨の集中豪雨により崩壊し被害を生じた[1]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和47年7月災害の全国概況 地すべり Vol.9 (1972-1973) No.3 P27a-28

関連項目[編集]

外部リンク[編集]