西埼玉地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西埼玉地震
本震
発生日 1931年昭和6年)9月21日
発生時刻 11時19分59秒
震央 埼玉県北部
震源の深さ 3 km
規模    M6.9
最大震度    震度5:埼玉県熊谷市など
地震の種類 活断層による地震
被害
死傷者数 死者11人 負傷者146人
被害地域 関東地方
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

西埼玉地震(にしさいたまじしん)は1931年昭和6年)9月21日11時19分59秒、埼玉県大里郡寄居町付近(北緯36度9.5分、東経139度14.8分)を震源として発生したマグニチュード (Mj) 6.9(USGSはMw6.5[1])の地震である。震源の深さは3キロメートル (km) であった。深谷断層帯の一部が活動して発生したと考えられている[2]

各地の震度[編集]

震度5を観測した地域は以下の通り。[3]

震度 都道府県 市町村
5 茨城県 水戸市 筑波山測候所 石岡市
栃木県 足尾測候所
群馬県 前橋市
埼玉県 熊谷市

被害[編集]

地震の有感域は東北地方から近畿地方に及び、関東地方の各地で強い揺れを感じ、広い範囲で震度5が観測された。この地震により、死者11名、負傷者114名、住家全壊63棟、但し資料によって埼玉県内では16人が死亡し、負傷者は146人に達した。家屋被害は全壊206戸、半壊286戸[4]火災も発生した。

揺れが強かった地域では、いたるところに地面の亀裂が生じ、地盤液状化による地下水や土砂の噴出、井戸水の濁りなどが広い範囲で見られた[5][6]。また、隣接する群馬県でも死者5人、負傷者30人の被害が出た。余震は最大でおよそ2週間後に発生したM5.6の地震があり、3週間ほど先まで続いた。

地震像[編集]

P波の解析から震央は深谷断層帯の櫛挽断層の南端付近で、走向N160°E、傾斜80°S、長さ20 km、幅10 km と推定されている。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ M 6.5 - eastern Honshu, Japan アメリカ地質調査所
  2. ^ 萩原幸男 ほか、活断層の重力調査(1) : 1931年西埼玉地震の震源断層の検出 東京大学地震研究所彙報. 第61冊第4号, 1987.3.31, pp.563-586, hdl:2261/12981
  3. ^ https://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/Event.php?ID=9950
  4. ^ 石田武, 門村浩, 田村俊和, 高村弘毅、「1931年西埼玉地震による災害 -荒川扇状地周辺の被害状況とその要因-」 立正大学大学院地球環境科学研究科オープンリサーチセンター
  5. ^ 液状化解析
  6. ^ 福島康弘、安田進、中沢慎也、望月洋介:西埼玉地震による液状化地点の調査 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部(A) 53巻 1998年 374-375頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関東地方で発生したおもな被害地震

外部リンク[編集]