積丹半島沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
積丹半島沖地震
積丹半島沖地震の位置(日本内)
積丹半島沖地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1940年(昭和15年)8月2日
発生時刻 午前0時8分22秒(JST
震央 日本の旗 日本 北海道 積丹半島北西沖
北緯42度21分5秒
東経139度49分0秒(地図
規模    マグニチュード(M)7.5
最大震度    震度4:北海道 羽幌町
津波 奥尻島 3m
地震の種類 逆断層型
被害
死傷者数 10人
被害地域 北海道西部
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

積丹半島沖地震(しゃこたんはんとうおきじしん)(別名:神威岬沖地震)とは、1940年8月2日0時8分に発生した。積丹半島沖の日本海を震源とするM7.5(Mw7.4-7.6)の地震で、震央は北緯44°21.53’ 東経139°49.03’の忍路海山付近である[1]。この地震の後、付近では1943年積丹半島北西沖地震(M6.1)や、1947年留萌西方沖地震(M6.7)などが発生している。更に、南の領域では1993年北海道南西沖地震(M7.8)も発生した。

被害の記録[編集]

戦時体制下で且つ人口の少ない地域の地震であったため、1944年東南海地震(昭和東南海地震) と同様に残る記録は少ないが、死者10人、住家全壊26、半壊7の記録が残る[2]。死者は、天塩川河口で溺死したもの[3]。最大震度は羽幌留萌幌延岩内乙部などの震度4。 津波利尻島で3m、天塩、羽幌で2m、京都府でも1mを記録した[4]

地学的見知[編集]

1987年7月に行われた潜水調査で3500mの海底から得られた試料により、発生間隔は500~1000年と推定されている[5]ユーラシアプレート北アメリカプレートの境界域(日本海東縁変動帯)で発生した地震。積丹半島沖地震と北海道南西沖地震の間には、地震の空白域が残る。

脚注[編集]

  1. ^ 1940/08/02の地震 気象庁震度データベース
  2. ^ 過去に発生した道内各地域の主な地震被害 北海道庁
  3. ^ 島村英紀、森谷武男 『北海道の地震』 北海道大学図書刊行会、1994年、p43。
  4. ^ 積丹半島沖地震(1940年) 内閣府 北海道南西沖地震教訓情報資料集[リンク切れ]
  5. ^ 池原研、板木拓也、保柳康一、深海底タービダイトからみた 1940 年積丹半島沖地震震源域周辺の地震発生間隔 日本地質学会学術大会講演要旨 110, 27, 2003-09-10

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]