千葉県北西部地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千葉県北西部地震(ちばけんほくせいぶじしん)は、千葉県北西部を震源とする地震のこと。千葉県北西部では過去に繰り返し地震が発生しているが、中でも比較的大きな影響を及ぼした地震としては、以下の2つがある(いずも太平洋プレートとフィリピン海プレートの境界で起きた逆断層型の海溝型地震であった)。

これら2つの地震を比較すると、規模・震源地・深さ・震度分布などにおいて類似点が見られた。また、2005年・2021年の地震のほかにも、この地域では、1928年5月21日にM6.2、1956年9月30日にM6.3、1980年9月25日にM6.1(死者1名)と、周期的に同規模の地震が発生している。