スマトラ島沖地震 (2010年4月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スマトラ島沖地震 > スマトラ島沖地震 (2010年4月)
スマトラ島沖地震
本震
発生日 2010年4月6日
発生時刻 22:15:02(UTC
4月7日5:15:02(現地時間)
4月7日7:15:02(JST
震源の深さ 31km
規模    モーメント・マグニチュード(Mw)7.7
地震の種類 海溝型地震
被害
死傷者数 なし
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

2010年4月スマトラ島沖地震(スマトラとうおきじしん)は、現地時間2010年4月7日05時15分にインドネシアで起きたモーメント・マグニチュード Mw - 7.7(気象庁CMT解)の地震

概要[編集]

気象庁の解析によると NE-SW 方向に圧力軸を持つ逆断層型で、ユーラシアプレートとスマトラ島の地下に沈み込むインド・オーストラリアプレートの境界で発生した地震であった。主なすべりは、初期破壊開始点付近と南西側の浅い部分にあり、破壊継続時間は約40 秒と求められた。断層長は約80km、幅は約110km、最大すべり量は約4 ~ 5mと推定されている。また、この地震はスマトラ島沖地震 (2005年)(M8.6)の震源域で発生している。

アチェ州のイルワンディ州知事によれば、被害や犠牲者の報告はない[1]スマトラ島付近では翌5月にもMw7.2の地震が発生している。

脚注[編集]

  1. ^ インドネシアのスマトラ島沖でM7.7の地震、犠牲者の報告なし asahi.com 記事:2010年4月7日

出典[編集]

関連項目[編集]