スマトラ島沖地震 (2007年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スマトラ島沖地震 > スマトラ島沖地震 (2007年)
スマトラ島沖地震
震央の位置
震源の位置(USGS)
本震
発生日 2007年9月12日
発生時刻 11:10:26(UTC
18:10:26(現地時間)
20:10:26(JST
震央 インドネシアの旗 インドネシア スマトラ島ブンクル南西沖130km
南緯4度31分12秒
東経101度22分26.4秒(地図)
震源の深さ 34km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)8.5
最大震度    改正メルカリ震度階級VIII:
津波 インドネシア・ブンクル州北部 5m以上
地震の種類 海溝型地震
余震
最大余震 9月13日6:49:01(現地時間)
8:49:01(JST)、M7.9
被害
死傷者数 死者17人以上(2007年9月15日時点)
被害地域 インドネシア スマトラ島周辺
出典:特に注記がない場合はUSGSによる。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

2007年スマトラ島沖地震(スマトラとうおきじしん)は、2007年9月12日インドネシア西部時間18時10分26秒[1]に、スマトラ島の南部沖で発生した地震である。モーメントマグニチュード(Mw)は8.5 [1][2]

被害[編集]

インドネシアブンクル州北部で5m以上、同パダンで1.1m、モーリシャスロドリゲス島セーシェルのポートラルーで0.6mなど、インド洋の各地で津波を観測した。

翌朝にもM7.9の大規模な余震が発生するなど、その後も複数回の大きな余震が発生した。9月15日までに確認されている死者は17名となったが、この中に津波による死者は居なかった。

なお、2007年3月にもスマトラ島沖でM6.4とM6.3の地震が起こり、70人以上の死者が出ている。

その他[編集]

スマトラ島付近では2000年以降、大きな地震が多発している。特に、2004年のスマトラ島沖地震を皮切りにM7から8クラスの地震が相次ぎ、ジャワ島沖まで及んでいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Magnitude 8.5 - SOUTHERN SUMATRA, INDONESIA
  2. ^ なおマグニチュードの値は、初期値M7.9、改定値M8.2、再改定値M8.4、再々改定値M8.5(2008年)の様に変わった。

関連項目[編集]