メルカリ震度階級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メルカリ震度階級(メルカリしんどかいきゅう、: Mercalli intensity scale)とは、ある地点における地震の程度(地震動)を表現する指標。地球表面の構造物に与える影響や人間が感じる揺れの大きさに基づいて、人が判定する。

世界で数種類使用されている震度階級の1つであり、日本における気象庁震度階級にあたる。1873年考案のロッシ・フォレル震度階級英語版(10段階)をもとにして、1884年にイタリアの火山学者ジュゼッペ・メルカリによって考案された。

概要[編集]

1902年には12段階に修正したものをアドルフォ・カンカーニが発表し、後の1906年にはメルカリが再修正したものを発表した。このときの震度階級は後にアウグスト・ハインリッヒ・シーベルグが書きなおしたので、メルカリ・カンカーニ・シーベルグ震度階級MCS[1])と呼ばれる。

更にこの後の1931年、アメリカの2人の地震学者ハリー・ウッドフランク・ニューマンによって修正されたものが発表された。このときの震度階級はメルカリ・ウッド・ニューマン震度階級MWN[2])と呼ばれる。

現在のメルカリ震度階級はMCSかMWNが用いられており、改正メルカリ震度階級MMまたはMMI[3])として知られている。アメリカなどで使用されている。

メルカリ震度階級は過去の地震の被害状況をもとに、被害の大きさの違いが明瞭に分かるよう区分されており、日本の気象庁震度階級のように計器観測に基づく数値により厳密に定義されたものではない。一般に、小さな揺れの場合には人間の感じた揺れの大きさに基づいて判断され、揺れが大きい場合には地形植生などの自然の構造物、ビルや家屋、橋、ダムなどの建造物の被害状況に基づいて判断される。

アメリカ地質調査所(USGS)が地震情報の中で用いているMM震度分布図「シェイクマップ[4]」では、算出式に最大速度(PGV)および最大加速度(PGA)の値が用いられている。これは推定値の算出用であり、場所によって変わる地震波速度の分布データ、マグニチュード、観測点での加速度などをもとに発表される。震度とは正反対に、各階級に後付けで数値をあてはめたものである。

震度階級 揺れによる影響 速度 加速度
I きわめて弱い ほとんどの人は揺れを感じない。 0.1cm/s以下 1.0gal以下
II 非常に弱い 高い建物の上層階におり、安静にしている状態の人が揺れを感じる。 0.1 - 1.1cm/s 1.0 - 2.1gal
III 弱い 高い建物の上層階にいる多くの人が揺れを感じる。駐車されている自動車がわずかに揺れる。 2.1 - 5.0gal
IV やや弱い 屋内にいる人の多くが揺れを感じる。眠っている人の一部が目を覚ます。食器棚がカタカタと揺れる。 1.1 - 3.4cm/s 5.0 - 10gal
V やや強い 多くの人が揺れを感じる。眠っている人の多くが目を覚ます。食器棚から食器が滑り落ちる。 3.4 - 8.1cm/s 10 - 21gal
VI 強い ほぼすべての人が揺れを感じる。多くの人が不安を感じ、まっすぐに歩くことができない。本棚から本が滑り落ちる。 8.1 - 16cm/s 21 - 44gal
VII 非常に強い 立っていることが難しい。軽い家具が転倒し、造りの弱い建造物が一部損壊する。自動車を運転している人の多くが揺れを感じる。 16 - 31cm/s 44 - 94gal
VIII きわめて強い 重い家具が転倒し、多くの建造物が一部損壊する。 31 - 60cm/s 94 - 202gal
IX 破壊的 多くの人が混乱に陥る。頑丈な建造物が一部損壊し、多くの建造物が半壊する。 60 - 116cm/s 202 - 432gal
X 破滅的 頑丈な建造物が半壊し、多くの建造物が全壊する。 116cm/s以上 432gal以上
XI 壊滅的 頑丈な建造物が全壊し、橋が崩落する。
XII 絶望的 あらゆるものが崩壊する。

脚注[編集]

  1. ^ : Mercalli-Cancani-Sieberg scale
  2. ^ : Mercalli-Wood-Neumann scale
  3. ^ : Modified Mercalli intensity scale
  4. ^ : ShakeMap

関連項目[編集]

外部リンク[編集]