ジャワ島南西沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャワ島南西沖地震
震源付近の地図
震源の位置(USGS)
本震
発生日 2006年7月17日
発生時刻 8時19分28秒 (UTC)
15時19分28秒 (現地時間)
17時19分28秒 (JST)
震央  インドネシア ジャワ島
バンドンの南沖260km
南緯9度20分2秒
東経107度15分47秒(地図)
震源の深さ 32km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)7.7
最大震度    改正メルカリ震度V:ジャワ島南西部
津波 ジャワ島南岸で最大3m
地震の種類 海溝型
余震
回数 不明
最大余震 2006年7月17日18時13分(JST)、M6.1
被害
死傷者数 死者600人
被害総額 不明
被害地域 インドネシアジャワ島南岸
出典:特に注記がない場合はUSGSによる。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

ジャワ島南西沖地震(ジャワとうなんせいおきじしん)は、2006年7月17日インドネシアジャワ島南西部沖で8時19分28秒(UTC)(現地時間 午後3時19分28秒)に発生した地震である[1]

概要[編集]

被害[編集]

震源に近い場所では直接的な揺れに加え、海岸に津波が押し寄せたことにより、多くの被害を出した。政府当局の発表によれば300人以上の死者が生じ、30,000人が一時的に避難をするなどの災害となった。 死者が集中したのは、パンガンダラン市のリゾートパガンダランビーチで、200人以上の死者が出ていると推測されている(同地を訪れた観光客の被害者数が把握できていないため)。

海外からの援助[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]