択捉島沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

択捉島沖地震(えとろふとうおきじしん)では、択捉島及びその周辺を震央とする地震について記述する。日時は全てUTC+10による。

1780年南千島地震[編集]

1780年6月29日安永9年5月26日)、ウルップ島沖(地図)付近を震央とするM 8.2の地震が発生し、大規模な津波を伴った。津波高はウルップ島で10-12m、エトロフ島北部で10m、シムシル島で7m、ケトイ島で5mと推定されている[1]

この地震の約5ヶ月前の1780年1月19日(安永8年12月23日)にもウルップ島沖でM7程度の地震が起きたとされている[2]

1918年地震[編集]

1918年9月8日に発生したMw 8.0 - 8.3の海溝型地震。2006年千島列島沖地震(Mw 8.3)の前回活動である可能性がある[3]静岡県沼津市まで人間が感じることができる揺れ(有感)が伝わった。6 m から12 m の津波が発生し、ウルップ島岩美湾では地震発生後35分で津波が来襲し家屋は全滅、当時の住民63名の中で24名が死亡した。根室で1 m、花咲で0.5 m、三陸海岸で1 m以下の津波を観測。

最大余震は2ヶ月後の同年11月8日に発生したマグニチュード7.9の地震。花咲と鮎川で弱い津波を観測し、父島で0.5メートルの津波を観測[4]

1958年択捉島沖地震[編集]

1958年11月7日7時58分に発生したスラブ内地震。Mjma 8.0、Mw 8.1 - 8.3。択捉島、色丹島で5 m近い津波を観測。択捉島から福島県相馬市までの広い範囲で津波を観測[5]

1963年択捉島沖地震[編集]

1963年10月13日15時18分に択捉島沖(地図)を震央として発生した海溝型地震。帯広浦河襟裳岬静内で最大震度4を観測。Mjma 8.1、Mw 8.2[6] - 8.5[7]

津波[編集]

ウルップ島で5 m、択捉島で4 m、花咲で1.21 m、釧路で0.9 m、根室で1.2 m、青森県八戸で1.3 mの津波を観測[8]。択捉島から宮城県塩竈市までの広い範囲で津波を観測。三陸海岸で津波による漁業施設の小被害が出る。

前震[編集]

本震が発生する約18時間前の10月12日21時27分にMw 7.0の前震が発生している[7]

余震[編集]

本震から約1週間後の10月20日にMw 7.2 - 7.9(Mjma 6.7, Mt 7.9)の最大余震が発生した。ウルップ島で10 - 15 m、択捉島で7 - 8 m、八戸で0.5 mの津波を観測。本震と比べて震源沿岸で局地的に津波が大きかった。

1978年択捉島沖地震[編集]

3月[編集]

択捉島沖を震央として、1978年3月23日13時15分に発生したMw 7.5の地震と、3月25日5時47分に発生したMw 7.6の海溝型地震。3月22日10時50分にMw6.7の地震が発生以降地震活動が活発化し、Mw 7.5の地震までにM 6以上が4回、M 5以上が19回発生していた[7]

12月[編集]

12月7日0時2分ごろ、択捉島付近震央の深さ100kmを震源とするMjma 7.2 (Mw 7.8)の地震が発生した。この地震によって北海道と東北で最大震度4を、関東、中部、近畿、中国地方で有感となった。

1991年ウルップ島沖地震[編集]

1991年12月22日にウルップ島沖(地図)を震央として発生した海溝型地震。規模はMw 7.6。本震から約15日前の12月7日にMw 6.0の地震が発生以降活動が活発化し、M 6以上が7回、M 5以上が39回発生していた。最大前震は12月19日のM 6.8[7]

1995年択捉島沖地震[編集]

1995年12月4日に択捉島沖(地図)を震央として発生した海溝型地震。規模はMw 7.9。9日前の11月25日にM 6.6の地震が発生したのをきっかけに地震活動が活発化しており、本震までにM 6以上が4回、M 5以上が23回発生していた。最大余震は本震から約2か月後の翌年2月8日発生したMw 7.2[7]

評価[編集]

地震調査研究推進本部による将来の地震発生の可能性は、次の様に評価されている。

  • 地震の規模 : Mjma 8.1 前後
  • 地震発生確率: 30年以内に、60% - 70%
  • 地震後経過率: 0.76
  • 平均活動間隔: 72.2年

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 羽鳥徳太郎 (2007). “南千島~北海道東部間の歴史津波の規模と波源域”. 歴史地震 22: 151-155. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_22/P151-155.pdf 2017年8月23日閲覧。. 
  2. ^ 中西一郎 (2013). “[講演要旨 北海道と周辺の歴史地震史料:安永八年,九年(1780年)得撫(ウルップ)島沖地震”]. 歴史地震 28: 169. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_28/HE28_169_169_Nakanishi.pdf 2017年8月23日閲覧。. 
  3. ^ 谷岡勇市郎・西村裕一・中村有吾 (2008年). “北海道・南千島での巨大地震発生サイクルの解明”. 北海道大学大学院理学研究科. 2017年2月10日閲覧。
  4. ^ 択捉島沖 - 地震調査研究推進本部
  5. ^ 1958年択捉島沖地震(プレート内地震) Archived 2011年10月28日, at the Wayback Machine.
  6. ^ 択捉島沖の地震 (PDF) [リンク切れ]
  7. ^ a b c d e Search Earthquake Catalog”. アメリカ地質調査所. 2018年1月1日閲覧。
  8. ^ 18.エトロフ島沖地震(1963年)

関連項目[編集]