大町地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大町地震(おおまちじしん)とは、1918年大正7年)11月11日に長野県大町市付近を震源として発生した内陸地震1858年の地震(信濃大町地震)と区別するため、大正大町地震とも呼ばれている。

解説[編集]

いわゆる双子地震で、2時59分 M 6.1 と16時04分 M6.5 により住居全壊6棟、土地の隆起などの被害を生じた。また、震央付近で約200mm隆起し、大町西方の清水地区寺海戸から大崎付近にかけて地表地震断層(寺海戸断層)が出現した。ただし、家屋被害の詳細は資料編纂者により異なっている[1][2]

震源要素は、下記の様に分析されている。

NE-SSW走向、西傾斜の震源断層の逆断層運動による。

地震規模などの経験則から活動した断層長は約10kmと推定されている[3]。しかし、大正時代の地震のため地震発生時の記録の精度が十分でなく、後年様々な解析が試みられた[1][4]が起震断層の特定は行えていない。

この地域で発生した他の地震[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 1918年 (大正7年) 大町地震の断層モデルとその地学的意義
  2. ^ 関東・中部地方の主な地震活動 (PDF形式:1536kB)”. 気象庁. p. 3. 2016年4月22日閲覧。
  3. ^ 1918年信州大町地震の断層運動 河内一男:日本海東縁プレート境界の地震地学
  4. ^ 1918年大町地震の震源断層モデル 地震 第2輯 Vol.56 (2003-2004) No.2 P199-211,JOI:JST.Journalarchive/zisin1948/56.199
  5. ^ 飛越地震と大町 地震予知連絡会会報 第33巻 1985年2月 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]