根室半島沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

根室半島沖地震(ねむろはんとうおきじしん)とは、北海道根室半島の南東沖の太平洋で発生する地震。過去数回発生している。

根室半島南東沖の大地震は、大きく分けて2種類あると考えられている。

  • M7.9前後、発生間隔約70年ほどの地震。1973年根室半島沖地震がこのタイプ。
  • M7.1前後、発生間隔約20年ほどの地震。

いずれも、北海道が乗る北アメリカプレートの下に太平洋プレートが沈み込んでいる千島海溝近辺で起こる海溝型地震である。

1973年と同型の巨大地震[編集]

約70年ほどの間隔で発生するM8規模の地震。直近の地震は1973年に発生している。また、西隣の領域で発生する十勝沖地震と連動して発生する場合もあるとされ(千島海溝連動型地震)、その場合はM8を超えると推定されている。

1894年[編集]

1894年3月22日に発生[1]。M7.9と推定されている。

1973年[編集]

根室半島沖地震
根室半島沖地震の位置(日本内)
根室半島沖地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1973年(昭和48年)6月17日
発生時刻 12時55分(JST
震央 日本の旗 日本 北海道根室半島南東沖
北緯42度58分
東経145度57分(地図
震源の深さ 40km
規模    マグニチュード(M)7.4
最大震度    震度5:北海道釧路市根室市
津波 根室市花咲港:2.8m
地震の種類 海溝型地震
余震
最大余震 1973年6月24日11時34分、M7.3、最大震度5
被害
被害地域 北海道東部
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

1973年6月17日12時55分に発生。Mj7.4(気象庁)、震源は根室半島南東沖の北緯42度58分、東経145度57分の地点で、震源の深さは40km。気象庁はこの地震に対し、1973年6月17日根室半島沖地震命名した。釧路根室で震度5を観測したほか、北海道全域と東北関東太平洋側で有感となった。なお、モーメントマグニチュード(Mw)は7.8、津波マグニチュード(Mt)は8.1と推定される。震源域は、千島海溝に並行な200km * 100km程度の長方形の領域で、釧路町尻羽岬沖から多楽島色丹島の中間地点の沖に相当する。

津波[編集]

本震による津波

地震発生から11分後の13時6分に北海道の太平洋沿岸、それから7分後の13時13分に東北地方の太平洋沿岸に津波警報がそれぞれ発表された。根室市花咲港で最大2.8mを観測したのをはじめ、太平洋岸各地に津波が到達した。浸水被害が300棟近くに達し、負傷者26人であったが、幸いにも死者は出なかった。なお、6月24日11時43分にM7.3、釧路で最大震度5を観測する余震が発生し、この地震でも津波が発生したが、死者などの大きな被害は出ていない。海底隆起による津波で波源域の長さは約130km、面積 7.2 * 103km2と推定されている[2]

暫くこの地域を震源とする地震が発生していなかったため、地震空白域とされていた。余震などを考慮してMの総量を考えるとM7.7程度になると考えられ、70年周期の大地震に該当すると見ることができる。

余震による津波

一週間後の1973年6月24日と、翌年1974年9月27日には、小規模な津波を伴う余震が発生した。また、1975年6月10日には、M 7 規模の地震による津波では花咲漁港の岸壁上まで浸水した[2]。なお、この津波は、和歌山県串本や小笠原でも観測された[2]

それ以外の根室半島沖地震[編集]

約20年ほどの間隔で発生するM7規模の地震など。

1900年[編集]

1900年12月25日発生。M7.1、震源の深さは浅いと推定。震源は北緯約43度、東経146度付近とやや不正確な推定しかない。

1968年[編集]

1968年1月29日10時19分発生。M7.2、震源の深さ35km。震源は北緯43.5度、東経146.8度と推定され、色丹島南方沖に位置する。

2000年[編集]

2000年1月28日23時21分発生。M7.0、震源の深さ59km。根室市や釧路市などで震度4。海溝型ではなく、スラブ内地震の可能性が高い。

2004年[編集]

2004年11月29日3時32分発生。M7.1、震源の深さ48km。釧路町弟子屈町別海町で震度5強。震源地域名は「釧路沖」だが根室半島沖地震の震源域の北西端に位置する。

出典[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]