紀伊大和地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

紀伊大和地震(きいやまとじしん)とは、1899年明治32年)3月7日に発生したマグニチュード6.9~7.0の地震である[1]奈良県三重県の県境付近の深さ40~50km程のフィリピン海プレート内での地震であったとされている[2][3]。この地震では主に三重県などの近畿地方南部に被害が出た。特に三重県南部では、尾鷲市などで死者7人、負傷者62人、35軒の家屋が全壊した[4]

出典[編集]

  1. ^ 神田克久,武村雅之:南海トラフ沿いの沈み込むスラブ内で発生した歴史地震の震度による地震規模推定 歴史地震・第28号(2013) (PDF)
  2. ^ 三重県の地震活動の特徴”. 地震調査研究推進本部(文部科学省管轄). 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ 奈良県の地震活動の特徴”. 地震調査研究推進本部. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 三重県在住の皆様へ | 都道府県別の地震発生状況”. 東京海上日動. 2017年12月22日閲覧。

関連項目[編集]