浦河沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浦河沖地震
浦河沖地震の位置(日本内)
浦河沖地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1982年(昭和57年)3月21日
発生時刻 午前11時32分06秒(JST
震央 日本の旗 日本 北海道
浦河町南西沖
北緯42度04分
東経142度36分(地図
震源の深さ 40km
規模    マグニチュード(M)7.1
最大震度    震度6:浦河町
津波 80cm:浦河町 浦河港
地震の種類 大陸プレート内地震逆断層型)
余震
最大余震 同日 19時22分
M5.6 最大震度4:浦河町
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

浦河沖地震(うらかわおきじしん)は、1982年(昭和57年)3月21日午前11時32分06秒に北海道日高支庁浦河郡浦河町南西沖20km(北緯42度4分、東経142度36分、深さ40km)を震源として発生した。地震の規模を示すMは7.1(Mw 6.9)。

概要[編集]

震源に最も近い浦河町では、震度6(烈震)を記録した。札幌市帯広市小樽市岩見沢市苫小牧市倶知安町広尾町青森県むつ市で震度4を観測するなど、北海道全域と東北地方北部を中心に強い揺れを感じた。「震度6」を北海道で観測したのは1952年以来のことあった。北海道・東北地方のほぼ全域と、関東から中部地方の一部まで揺れを感じた。また、震源域から100kmも離れた札幌市でも、局所的に震度5に相当する揺れを感じた。

震源断層のパラメータは以下の通り[1][2]

  1. 走向:N 30°W
  2. 傾斜角:50°SW
  3. 長さ:20km
  4. 幅:30km
  5. 断層面上端:深さ22km
  6. 断層型:若干の右横ずれ成分を含む逆断層
  7. スリップ角:110°
  8. スリップ量:平均86cm
  9. Mo=2.4×1019N·m
  10. Mw=6.85
  11. 剛性率:4.6×1010N·m2
  12. 破壊伝播速度:2.8km/s

被害[編集]

被害は浦河町とその周辺に集中した。浦河町では、ブロック塀自動販売機がバタバタと倒れ、電柱や煙突も傾いた。窓ガラスもほとんどが割れ、地面に散乱した。地震観測の最前線となった浦河測候所では3台ある地震計のうち2台が落下し、破損。そのうちの1台は、地震を感じるセンサーのバネが折れた。 さらに、大通りの商店街は軒並み損壊。モルタルの壁がそっくり剥がれた店もあった。

浦河町に隣接する静内町三石町(現在の新ひだか町)でも様々な被害が発生した。静内町では、静内川にかかる橋が倒壊、隆起沈降の影響で通行不能となった。

総被害は、負傷者167名、全壊13棟、半壊28棟、一部損壊675棟、その他22棟、船舶転覆等6隻であった。浦河港および室蘭港の港湾施設に約3.5億円の被害[3]

津波[編集]

津波は浦河港で80cm、青森県八戸で28cmが観測されたが、大きな被害はなく火災も発生しなかった。

余震[編集]

最大余震は、本震から約8時間後の午後7時22分34秒に発生したM5.8であった。浦河町で震度4を記録したが、大きな被害はなかった。

地震前に見られた現象の証言[編集]

浦河町長の池田拓は、普段は揚がらないメヌケという高級魚が地震の前に大量に水揚げされた、と語っている[4]

その他の「浦河沖」が震源の地震[編集]

2011年9月には新ひだか町三石地区で最大震度5強を観測する群発地震活動があった。11月24日にもM6.2の地震が発生し、浦河町で震度5弱、北海道・東北で震度1以上が観測された。
2016年1月14日にもM6.7の地震が発生し、新冠町・浦河町・様似町・函館市、及び青森県東通村で最大震度5弱を記録した。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1982年3月21日浦河沖地震に伴う地殻変動 (PDF) - 新井 健司(1984), 地理学評論57(Ser. A)-12 821~830 1984
  2. ^ 武尾ほか(1983)
  3. ^ 1982年浦河沖地震港湾被害報告 港湾空港技術研究所 資料 0472
  4. ^ 北海道の「イワシ大量死」に大騒ぎ 大地震の予兆などの声もZAKZAK(夕刊フジ)2014年11月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]