千葉県東方沖地震 (2012年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
千葉県東方沖地震
千葉県東方沖地震 (2012年)の位置(日本内)
千葉県東方沖地震 (2012年)
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 2012年3月14日
発生時刻 21時5分(JST
震央 日本の旗 日本 千葉県銚子市
北緯35度45分0秒
東経140度56分0秒
震源の深さ 15km
規模    マグニチュード(M)6.1
最大震度    震度5強:千葉県銚子市茨城県神栖市
津波 なし
地震の種類 大陸プレート内地震正断層型)
被害
死傷者数 死者1人 負傷者1人
被害地域 千葉県・茨城県
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

千葉県東方沖地震(ちばけんとうほうおきじしん)は、2012年(平成24年)3月14日21時5分(JST)、日本の千葉県銚子市沖を震源として発生した地震である。

概要[編集]

千葉県銚子市沖の北緯35度45分、東経140度58分[1]を震源として発生した深さ15kmの地震。地震の規模を示すマグニチュードは6.1(Mw 5.9)と推定される。千葉県銚子市茨城県神栖市で最大震度5強を観測した。津波警報・注意報は発せられなかった[2]

この地震の発震機構は東北東 - 西南西方向に張力軸を持つ正断層型であり、地殻内で発生した地震(大陸プレート内地震)であるとされ、気象庁東北地方太平洋沖地震の震源域で発生した余震であるとした[3][4]。一方、この地震が発生した約3時間前の18時8分には、三陸沖の北部を震源とするM6.9、最大震度4を観測した地震があり、津波注意報が出されたが、この地震との関連性は不明としている[5]

国土交通省関東地方整備局は地震発生後3月14日21時5分に対策本部を設置、翌15日16時10分に警戒態勢を解除した[6]

地震動の伝播[編集]

防災科学技術研究所により整備・運用されている強震観測網のデータを利用し、地震動が伝播する様子を色の変化で表現した静止画と動画。

各地の震度[編集]

震度4以上を観測した地点は次の通り:[7]

震度 都道府県 市区町村
5強 茨城県 神栖市
千葉県 銚子市
5弱 茨城県 日立市
千葉県 旭市
4 福島県 玉川村
茨城県 水戸市 常陸太田市 高萩市 笠間市 ひたちなか市 茨城町 東海村 常陸大宮市 那珂市 城里町小美玉市 土浦市 石岡市 龍ケ崎市 取手市 牛久市 つくば市 鹿嶋市 潮来市 美浦村 阿見町 河内町 稲敷市 筑西市 かすみがうら市 神栖市 行方市 鉾田市
栃木県 真岡市 市貝町 高根沢町
埼玉県 宮代町
千葉県 東金市 神崎町 多古町 東庄町 大網白里町 九十九里町 芝山町 匝瑳市 香取市 横芝光町 山武市 千葉市中央区 成田市 佐倉市 市原市 印西市 富里市 いすみ市

被害[編集]

死傷者[編集]

船橋市では、地震による体調不良で95歳の女性が死亡し[8]木更津市では、長須賀地区に住む69歳の女性が就寝中に携帯電話の緊急地震速報のアラーム音を止めようと床に手をついた際に、右手首を骨折した[5]

建物[編集]

銚子市竹町では倉庫の2階の壁が落下したり、中央町でビルの1階のガラスが割れたりする被害があった[5]。家屋においても、銚子市榊町、前宿町、柴崎町で石造りの塀やブロック塀が倒れる被害が発生した[5]

茨城県神栖市では、コンビニエンスストアの瓶が倒れて割れたり、ホテルのエレベーターが停止したことで人が閉じ込められる被害があった[5]

液状化[編集]

1年前の東日本大震災で発生した液状化現象が再び発生する「再液状化現象」が神栖市や銚子市で確認された[9]

交通[編集]

地震発生直後には、総武本線猿田駅 - 銚子駅)と成田線下総豊里駅 - 銚子駅)の上下線や、東北新幹線東京駅 - 那須塩原駅上越新幹線の東京駅 - 熊谷駅の上下線で、運転を見合わせたが、安全が確認され次第運転が再開された。成田国際空港でも、一時滑走路を閉鎖して点検したが、異常が確認されなかったために閉鎖を解除した[10]

常磐自動車道日立南太田インターチェンジ北茨城インターチェンジの間、東関東自動車道佐原香取インターチェンジ潮来インターチェンジの間が一時通行止めとなった[11]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 震度データベース”. 気象庁 (2012年3月14日). 2012年3月21日閲覧。
  2. ^ M6.1 quake jolts Chiba, surrounding areas”. ジャパントゥデイ (2012年3月14日). 2012年3月20日閲覧。
  3. ^ 岩盤引っ張られる型の地震続く 三陸沖・千葉東方沖 朝日新聞 2012年3月20日
  4. ^ 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第64報)-平成24年3月14日21時05分頃の千葉県東方沖の地震について- (PDF) (気象庁)
  5. ^ a b c d e 千葉県・茨城県で震度5強 NHKニュース 2012年3月20日
  6. ^ 平成24年3月14日 千葉県東方沖を震源とする地震”. 国土交通省関東地方整備局 (2012年3月15日). 2012年3月20日閲覧。
  7. ^ 地震情報(各地の震度に関する情報)”. 気象庁 (2012年3月14日). 2012年3月20日閲覧。
  8. ^ 地震の影響で95歳女性死亡=銚子では液状化現象 時事通信 2012年3月20日
  9. ^ 千葉・茨城 建物被害や液状化 NHKニュース 2012年3月20日
  10. ^ 総武線、成田線で一時運転見合わせ 朝日新聞 2012年3月20日
  11. ^ 神栖と銚子で震度5強 津波被害の恐れなし 茨城新聞 2012年3月20日