北海道東方沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道東方沖地震
北海道東方沖地震の位置(北海道広域内)
北海道東方沖地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1994年(平成6年)10月4日
発生時刻 午後10時22分56.9秒(JST
震央 日本の旗 日本 北海道東方沖
座標 北緯43度22.5分 東経147度40.4分 / 北緯43.3750度 東経147.6733度 / 43.3750; 147.6733座標: 北緯43度22.5分 東経147度40.4分 / 北緯43.3750度 東経147.6733度 / 43.3750; 147.6733
震源の深さ 28 km
規模    M8.2
最大震度    震度6:北海道 釧路市 厚岸町
津波 花咲港:1.73m
地震の種類 スラブ内地震
左横ずれ成分含む逆断層
被害
死傷者数 死者:9人 行方不明者:2人
被害地域 北海道 北方領土
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

北海道東方沖地震(ほっかいどうとうほうおきじしん)は、1994年(平成6年)10月4日に北海道根室沖約200km(北緯43度22.5分、東経147度40.4分、深さ28km)の地点を震源として発生した、M8.2の沈み込んでいる太平洋プレート内(スラブ内)で発生した地震。

概要[編集]

地震の規模はM 8.2[注 1]USGSではMw 8.3[1])で、最大震度は釧路市厚岸町で観測された震度6。1993年(平成5年)釧路沖地震と同じ海洋プレート内地震である。日本近海で発生した地震としては、平成に入って初めてM8を観測した地震である。

10月9日には M7.3[2]の最大余震を観測した。

1969年にはすぐ東隣の領域で色丹島沖地震が発生している。

被害[編集]

全体での被害は釧路市で最も多く、負傷者437人、住宅全壊61棟、半壊348棟、一部損壊7095棟、浸水184棟であった。死者9人、行方不明者2人はすべてロシアの実効支配下の択捉島で発生した。このほか、道路損壊・崖崩れ・マンホールの浮き上がりなどが多数発生し、埋立地を中心に液状化現象も発生した。釧路市の被害が注目されているが、中標津町別海町標津町の被害も甚大で、国道・道道など多数の道路が寸断され家屋も多数全半壊している。中標津町では当初震度4とされたが地震計が設置されている場所が市街地から離れており、地盤も頑丈であったため被害状況から判断して震度5強〜6弱程度の揺れがあったと推測される。

津波[編集]

札幌管区気象台は22時28分に北海道の太平洋沿岸に『津波警報』、オホーツク海沿岸に『津波注意報』を発表した。観測された主な津波波高は根室市花咲港で173cmなどだったが、地震発生直後に津波警報・注意報が発表され緊急警報放送が実施されたためか、北海道での被害は少なかった。

北方領土の島々にも被害が及んだ。特に択捉島では地震による直接の被害に加え、津波も襲来し、死者・行方不明者合わせて11人。1万人近くの人々がロシア本土への移住を余儀なくされた。また、色丹島はこの地震後衰退した。

オホーツク海内を波源とする別の津波が観測されており、海底地滑りか何らかの変位が生じ、津波を発生させた可能性が示唆されている[3]

震度[編集]

震度は以下のとおり[4][2]。震度の基準及び観測した市町村名は当時。この地震では、東北地方の太平洋側で震度4、東京など関東地方でも震度3を観測した一方で、北海道内の旭川や留萌で震度2、稚内で震度1に留まるなど、異常震域の傾向を呈した。

震度 都道府県 観測所
6 北海道 釧路厚岸
5 北海道 浦河足寄広尾中標津羅臼根室
4 北海道 函館南富良野網走苫小牧平取帯広幕別
青森県 青森五所川原八戸むつ
岩手県 大船渡盛岡葛巻花巻
3 北海道 札幌江差小樽倶知安奥尻岩見沢紋別室蘭
青森県 深浦
岩手県 宮古
宮城県 仙台石巻
秋田県 秋田
山形県 酒田新庄山形
福島県 福島白河小名浜
茨城県 水戸柿岡
千葉県 千葉館山
東京都 東京
神奈川県 横浜
静岡県 熱海

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 気象庁がデータを整理している1923年以来、日本周辺で発生したものとしては東北地方太平洋沖地震(Mw 9.0)が起こるまでは最大級の地震であった。

出典[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]