西脇市岡之山美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡之山美術館から転送)
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 西脇市岡之山美術館
OKANOYAMA MUSEUM OF ART NISHIWAKI
Okanoyama museum1.JPG
施設情報
正式名称 西脇市岡之山美術館
管理運営 公益財団法人西脇市文化・スポーツ振興財団
建物設計 磯崎新
延床面積 387.96m²
開館 1984年10月
所在地 677-0039
兵庫県西脇市上比延町345-1
位置 北緯35度0分7.5秒
東経134度59分52.5秒
公式サイト 西脇市岡之山美術館
プロジェクト:GLAM

西脇市岡之山美術館(おかのやまびじゅつかん)は兵庫県西脇市東経135度と北緯35度の交点にあたる「日本へそ公園」内にある美術館。西脇市出身の横尾忠則の作品を主に展示、収納する目的で1984年10月に開館。建物の設計は磯崎新 [1]

概要[編集]

西脇市出身の芸術家横尾忠則の作品展示と保存を目的として1984年昭和59年)に開館した。現在は、現代美術の展示拠点としての美術館として運営されている。横尾作品の展示だけでなく、様々な催し物が行われるほか、横尾のアートグッズの販売も行われている[1]

建物の設計は磯崎新で、停車中の3両連結の列車車両イメージしたユニークな外観だが、玄関はルネッサンス様式を踏襲している。ひょうごっ子ココロンカードの対象施設になっている。

ビエンナーレ方式で、全国公募展「西脇市サムホール大賞展」が開催される。

沿革[編集]

  • 1984年10月に横尾忠則の作品展示と保存を目的として開館。当初は財団法人 西脇市岡之山美術館として運営。
  • 2002年に財団法人 西脇市文化振興財団に改編、その後2005年に西脇市スポーツ振興財団、西脇市公共施設管理協会を加え財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団に改編。
  • 2012年からは公益財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団に名称変更。
  • 2013年からは現代美術の企画展示をする美術館として運営されている[2]

館内施設[編集]

瞑想室外観
内部より玄関方面と横尾忠則陶板壁画を望む

エントランス[編集]

ギリシャ神殿風の円柱を採用したアーチ型屋根。屋外には横尾忠則陶板壁画 (タイトル:Lisa Lyon in Nishiwaki, April.18.1984)が展示される[3]

本館[編集]

1階にはプロジェクションルーム、ミーティングルーム、倉庫があり、2階にはギャラリーが設置される。1階と2階は金属製のらせん階段により接続されている[3]

ギャラリー[編集]

現代美術作品を中心に展示される[3]

メディテーションルーム[編集]

横尾も強く興味を持っている瞑想ができる部屋。金色天井ピラミッド型となっており、かつてブームになったピラミッドパワーを感じることのできる設計となっている。本館と接続されているが現在は外からしか入れない[3]

アトリエ[編集]

地域の作家の作品を展示紹介する建物。アトリエシリーズ、ワークショップ等が開催される。本館とアトリエの間には中庭がある[3]

ミーティングルーム[編集]

美術講座、実習等に利用される[3]

所在地[編集]

  • 〒677-0039 兵庫県西脇市上比延町345-1

建物概要[編集]

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 西脇市岡之山美術館公式サイト
  2. ^ [1]
  3. ^ a b c d e f 西脇市岡之山美術館 - 館内施設

関連項目[編集]

外部リンク[編集]