実行教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
實行教から転送)
移動先: 案内検索

實行教(じっこうきょう)は、富士信仰富士講のひとつである不二道に起源をもつ教派神道の一派である。

概要[編集]

不二道の第十世であった柴田花守(咲行)が1878年(明治11年)に実行社を組織し、1882年(明治15年)に教派神道の一派として独立し実行教となる[1]扶桑教と同じく開祖を長谷川角行とし、伊藤身禄派に連なる[2]

つまり食行身禄(じきぎょう みろく。伊藤身禄のこと)の三女の一行此花とその養子である伊藤参行に連なる[2]。参行に、別の富士講に所属した小谷三志が師事し拡大していった[2]。8世となった三志は富士信仰の呪術的性格よりも実行を重んじ[3]、不二考としたが、天保9年に不二道となった[4]。ここから2派が別れ、ひとつが宍野家が広めた扶桑教、もうひとつが柴田家が広めた実行教である[5]

管長[編集]

  • 第10世/実行教初代管長[1] 柴田花守[1]
  • 第11世 鵜殿中行[1]
  • 第12世 柴田忠行[1]
  • 第13世 柴田孫太郎[1]
  • 14代道主 柴田道守[1]
  • 15代道主 柴田辰彦[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]