どんなモンダイQテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

どんなモンダイQテレビ』(どんなモンダイキューテレビ)は、1984年10月から1986年3月までNHK総合テレビで放送されていたクイズ番組である。番組内では「どんQ」と略されていた。

概要[編集]

月曜 - 金曜 18:10 - 18:30に放送された。曜日ごとにテーマ(「算数」など)が決まっており、毎回2問程度の問題が出る。1週間の合計得点でトップ賞が決まる。金曜日の最終問題は、6ポイントを正解者で分配するというものだった。ちなみに解答時間切れの場合は銅鑼が鳴らされていた。

初代の出演者は中村克洋司会:当時NHKアナウンサー)、パネラー佐藤聖子志賀真理子森宙太

番組の冒頭や終わりには、司会者と出演者で、「ど~ん」と言いながらで頭の上に両手で輪を作り、「Q(キュー)」で右手をくねらせてQを表現したポーズをしていた。

1985年4月からは月曜 18:00 - 18:30の番組になった。解答者は変わり、坂上忍などがレギュラーとなった。それまでの解答者3人はゲスト、あるいはアシスタントなどとして出演するようになった。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 中村克洋(日本放送協会アナウンサー 「どんQキャスター」という肩書きで出演)

パネラー[編集]

中.後期には一般視聴者の小中学生と、著名人ゲスト回答者が1名ずつ参加した。

ナレーター[編集]

NHK総合テレビ 平日18:10 - 18:30枠
前番組 番組名 次番組
どんなモンダイQテレビ
(1984年10月 - 1985年3月)
月-どんなモンダイQテレビ
【月曜単独に変更】
火-おねがい!サミアどん
水-ウオッチング
木-ハイライト科学万博
金-金曜お天気博士
(以上18:00 - 18:30)
NHK総合テレビ 月曜18時台前半枠
ひげよさらば
(平日18:00 - 18:10)
どんなモンダイQテレビ
(平日18:10 - 18:30)
どんなモンダイQテレビ
(1985年4月 - 1986年3月)
にっぽん列島ただいま6時
(平日帯)
【ここからニュース枠】