Google Code

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Google Code
URL code.google.com
タイプ ソフトウェア開発
使用言語 英語/日本語など
運営者 Google
設立者 Google
設立日 2005年3月17日
現状 アクティブ

Google CodeGoogleが関連するソフトウェアやオープンソースソフトウェア開発に興味を持つ開発者向けに立ち上げたサイト。オープンソースのコードや、標準のAPIをサポートするサービス群がある。

API[編集]

Googleは、Webやデスクトッププログラマ向けの各種APIを提供している。これらは現在のGoogle製品に基づいているものが多い。例えば、AdSenseGoogle CheckoutGoogle Toolbar などがある。

SOAPベースのAPI[編集]

AdSenseAdWordsのAPIは、Simple Object Access Protocol (SOAP) というデータ交換規格に基づいており、開発者が自身のアプリケーションにそれらのGoogleサービスを組み込むことができる。

Google Data API[編集]

The Google Data API は、Googleのサービスからデータを読み書きするアプリケーションを作成できる。現在、Google Code で公開されているAPIとしては、Google AppsBloggerGoogle BaseGoogle ブックスGoogleカレンダーGoogleソースコード検索Google SpreadsheetsGoogleノートブックPicasa Web Albums などがある。

オープンソースプロジェクト[編集]

Google Projects [1] と Patches[2] には、Google がこれまで開発したオープンソースソフトウェアがある。

Gears[編集]

Gearsは、通常はオンラインでなければ使えないサービスをオフラインで利用可能にするもので、Googleからベータ版が提供されている。SQLiteベースのデータベースエンジンを使い、クライアントシステム上でデータをローカルにキャッシュする。Gears対応のページでは、オンラインサービスからデータを取ってくる前にローカルなキャッシュを使う。Gearsを使うと、Webアプリケーションは定期的にローカルキャッシュとオンラインサービスの間でデータを同期させる。ネットワーク接続していない場合、同期はネットワーク接続するまで遅延される。したがって、Gears を使うことでWebアプリケーションはネットワークサービスが存在しないときでも動作可能になる。

Google Web Toolkit[編集]

Google Web Toolkit (GWT) はオープンソースの開発ツールキットで、JavaによるAjaxアプリケーションを作成できる[3]。GWTはクライアントサーバ型アプリケーションの開発とデバッグを任意のJava用IDEで素早く行うことができる。そして配布段階で、GWTコンパイラがJavaアプリケーションを同等のJavaScriptに変換し、ダイナミックHTMLによって自動的にウェブブラウザHTML DOMを操作する。非同期RPC、履歴管理、ブックマーク、ブラウザ間の移植性問題など、Ajaxの課題への再利用可能で効率的な解決策だとしている。Apache License 2.0 でリリースされている。

Summer of Code[編集]

Google Summer of Code [4] は、オープンソース初心者向けの教育プログラムである。2007年には、約6,200の申し込みがあった。

プロジェクトのホスティング[編集]

Google Code はプロジェクトのホスティングサービス[5]も行っており、バージョン管理システムとしてSubversionMercurialを用意している[6]BigTableをストレージとして透過的に実装)。バグ管理システム、文書公開用ウィキ、ファイルダウンロード機能などもある。Googleが指定したライセンス方式のオープンソースプロジェクトなら、無料で利用できる。

指定されているライセンス[編集]

Open Source Initiativeが認証しているいずれかのライセンスを使っていれば、このサービスを利用できる。 従来は、ApacheArtisticBSDGPLv2、GPLv3、LGPLMITMPLEPLのいずれかのライセンスを使っていれば、このサービスを利用できるとしていたが、2010年9月に変更された[7]

制限[編集]

1人の人が作成できるプロジェクト数は最大25に制限されている。さらに、1日に作成可能なプロジェクト数にも制限がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]