藤井貞和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤井 貞和(ふじい さだかず、1942年4月27日 - )は詩人、日本文学者。東京大学名誉教授博士文学)(東京大学、1992年)。東京生まれ。

父は折口信夫門下の国文学者で國學院大學名誉教授の藤井貞文。姉は歌人藤井常世。1972年、『源氏物語の始原と現在』で注目される。2001年、『源氏物語論』で角川源義賞受賞。詩人として、1999年『「静かの海」石、その韻き』で第40回晩翠賞受賞、2002年『ことばのつえ、ことばのつえ』で藤村記念歴程賞高見順賞受賞。2006年、『神の子犬』で現代詩花椿賞現代詩人賞を受賞。2007年『甦る詩学』で伊波普猷賞、2008年『言葉と戦争』で日本詩人クラブ詩界賞受賞。2012年『春楡の木』で第3回鮎川信夫賞芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

1991年、湾岸戦争の際の『鳩よ!』の戦争詩特集を批判した瀬尾育生と論争をおこなった。  

略歴[編集]

著書[編集]

研究書・評論[編集]

  • 『源氏物語の始原と現在』三一書房 1972 のち岩波現代文庫 
  • 釈迢空 詩の発生と「折口学」-私領域からの接近』国文社 1974(のち講談社学術文庫)
  • 『深層の古代 文学史的批評』国文社 1978
  • 『古日本文学発生論』思潮社 1978
  • 『古典を読む本』日本ブリタニカ 1980
  • 『古文の読みかた』岩波ジュニア新書 1984
  • 『物語の結婚』創樹社 1985(のちちくま学芸文庫)
  • 『古典を読む本』三省堂 1987(のち「古典の読み方」と改題、講談社学術文庫)
  • 『物語文学成立史 フルコト・カタリ・モノガタリ』東京大学出版会 1987
  • 『「おもいまつがね」は歌う歌か 続・古日本文学発生論』新典社 1990
  • 『物語の方法』桜楓社 1992
  • 『源氏物語』岩波セミナーブックス 1993
  • 『日本「小説」原始』大修館書店 1995
  • 『源氏物語入門』講談社学術文庫 1996
  • 『物語の起源 フルコト論』ちくま新書 1997
  • 『詩の分析と物語状分析』若草書房 1999
  • 『折口信夫の詩の成立 詩形/短歌/学』中央公論新社 2000
  • 『国文学の誕生』三元社 2000
  • 『源氏物語論』岩波書店 2000
  • 『平安物語叙述論』東京大学出版会 2001
  • 『物語理論講義』東京大学出版会 2004
  • 『甦る詩学「古日本文学発生論」続 南島集成』まろうど社 2007
  • 『タブーと結婚「源氏物語と阿闍世王コンプレックス論」のほうへ』笠間書院 2007 
  • 『言葉と戦争』大月書店 2007
  • 『日本語と時間 <時の文法>をたどる』岩波新書、2010 
  • 『文法的詩学』笠間書院 2012

詩集・詩論[編集]

  • 『日本の詩はどこにあるか 詩集』砂子屋書房, 1982
  • 『藤井貞和詩集』思潮社(現代詩文庫) 1984
  • 『Purify! fujii sadakazu 1984;his poetical works』書肆山田, 1984
  • 『言問う薬玉』砂子屋書房, 1985
  • 『言葉の起源 近・現代詩小考』書肆山田, 1985
  • 『遊ぶ子供 織詩』思潮社 1986
  • 『口誦さむべき一篇の詩とは何か 藤井貞和詩論集』思潮社, 1989
  • 『反歌・急行大和篇』書肆山田, 1989
  • 『ハウスドルフ空間』思潮社, 1989
  • 『ピューリファイ,ピューリファイ! 藤井貞和の詩』書肆山田, 1990
  • 『大切なものを収める家』思潮社, 1992
  • 『続・藤井貞和詩集』思潮社(現代詩文庫)1992
  • 『湾岸戦争論 詩と現代』河出書房新社, 1994
  • 『「静かの海」石、その韻き』思潮社, 1998
  • 『自由詩学』思潮社, 2002
  • 『ことばのつえ、ことばのつえ』思潮社, 2002
  • 『神の子犬』書肆山田, 2005
  • 『人間のシンポジウム』思潮社, 2006
  • 『詩的分析』書肆山田, 2007
  • 『うた―ゆくりなく夏姿する君は去り』書肆山田、2011
  • 『東歌篇――異なる声』反抗社出版・カマル社発売、2011
  • 『春楡の木』思潮社、2011
  • 『人類の詩』思潮社 2012

関連・外部リンク[編集]