伊波普猷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊波 普猷
人物情報
全名 伊波 普猷
生誕 1876年3月15日
琉球藩那覇西村
死没 1947年8月13日(満71歳没)
東京都
出身校 東京帝国大学
学問
時代 明治時代 - 昭和時代
活動地域 琉球藩那覇西村(現・沖縄県那覇市)
研究分野 民俗学
言語学
沖縄学
学位 文学士
テンプレートを表示
伊波普猷

伊波 普猷(いは ふゆう、1876年(明治9年)3月15日 - 1947年(昭和22年)8月13日)は、沖縄県那覇市出身の民俗学者、言語学者、沖縄学の父として知られる。

経歴[編集]

1876年3月15日、伊波普猷は琉球藩那覇西村(現在の那覇市西)に父普済・母マツルの長男として出生まれる。

1903年(明治36年)、第三高等学校を卒業した後、東京帝国大学言語学を専攻する。帝大では、橋本進吉小倉進平金田一京助らの学友とともに、新村出の講義を聴講している。

帰郷後沖縄県立図書館の館長を務める傍ら、沖縄研究資料の収集に尽力した。歴史学者の比嘉春潮とともに、エスペラント学習活動を、教会では聖書の講義などを行った。弟伊波月城は、沖縄毎日新聞の新聞記者として文明開化の為に活動した[1]

学問の領域は広大で、沖縄研究を中心に言語学、民俗学文化人類学歴史学宗教学など多岐に渡る。その学問体系よって、後に「沖縄学」が発展したゆえ、「沖縄学の」とも称された。

おもろさうし』研究への貢献は多大で、琉球と日本とをつなぐ研究を行うと共に、琉球人アイデンティティの形成を模索した。「日琉同祖論」はその探究の一つである。しかし、例えば鳥越憲三郎は『琉球宗教史の研究』において、伊波の「琉球研究の開拓者としての功績は大いに讃えられて然るべきである」と評する一方、その研究について「文献に偏重し、加うるに結論を出すに急であったために、幾多の論理的飛躍と誤謬とを犯したことも事実である」と指摘している[2]。また、伊波の思想の欠点は、近代日本がうみだした沖縄差別への批判が弱かったことで、そのため、沖縄人としての生き方に誇りをみいだすことにおいて、一定の成果をあげたが、結果として天皇制国家に沖縄をくみこむための政策に利用されることになった、という評もある[3]

民俗学者の柳田國男折口信夫人類学者鳥居龍蔵、思想家・経済学者の河上肇らと親交があった。そして、友人の東恩納寛惇が浦添城跡の顕彰碑に刻んだ言葉が伊波を物語る。

彼ほど沖縄を識った人はいない 彼ほど沖縄を愛した人はいない 彼ほど沖縄を憂えた人はいない 彼は識ったが為に愛し愛したために憂えた 彼は学者であり愛郷者であり予言者でもあった

年譜[編集]

  • 1876年 琉球藩那覇西村(現在の那覇市西)にて、父普済・母マツルの長男として出生。
    • 1879年 廃藩置県により沖縄県が設置される。
  • 1891年 沖縄県尋常中学校(現沖縄県立首里高等学校)に入学。
  • 1895年 尋常中学校ストライキ事件の指導者の一人として退学処分となる。首謀者は漢那憲和
  • 1896年 上京し、明治義会中学に編入学。翌年卒業。
  • 1900年 第三高等学校(現在の京都大学の前身)に入学。
  • 1903年 第三高等学校を卒業し、東京帝国大学文学科言語学専修に入学。
  • 1906年 東京帝国大学を卒業し帰郷、文献・民俗資料の収集に尽力。
  • 1910年 沖縄県立図書館長(嘱託)に任命される。
  • 1916年 沖縄組合教会設立 
  • 1917年 2月2日よりエスペラント講習会を指導[4]
  • 1918年 教会で聖書の講義を担当。
  • 1921年 沖縄県立図書館長に正式に任命される。
  • 1924年 図書館長を辞任し再び上京。
  • 1935年 國學院大學おもろの講義を担当。
  • 1945年 初代沖縄人連盟の会長に就任。
  • 1947年8月13日 沖縄の将来を憂いつつ、仮寓の比嘉春潮宅にて死去。享年71。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『琉球人種論』 小沢博愛堂、1911年
  • 『琉球史の趨勢』 小沢朝蔵、1911年
  • 古琉球沖縄公論社、1911年
  • 『古琉球』 糖業研究会出版部、1916年
  • 『古琉球の政治』 郷土研究社、1922年
  • 『古琉球』 郷土研究社、1922年 3版
  • 『琉球聖典おもろさうし選釈』 石塚書店、1924年
  • 『校訂 おもろさうし』 南島談話会、1925年
  • 『浄土真宗沖縄開教前史』 明治聖徳記念学会、1926年
  • 『孤島苦の琉球史』 春陽堂、1926年
  • 『琉球古今記』 刀江書院、1926年
  • 『沖縄よ何処へ』 世界社、1928年
  • 琉球戯曲集』 春陽堂、1929年
  • 『南島方言史攷』 楽浪書院、1934年
  • をなり神の島』 楽浪書院、1938年
  • 『琉球戯曲辞典』 郷土研究社、1938年
  • 『日本文化の南漸』 楽浪書院、1939年
  • 『沖縄考』 創元社、1942年
  • 『古琉球 改版』 青磁社、1942年
  • 『をなり神の島』 楽浪書院、1942年 再版
  • 『古琉球 改訂三版』 青磁社、1944年
  • 『沖縄歴史物語』 沖縄青年同盟中央事務局、1947年
  • 『おもろ覚書』 (遺稿)
  • 『沖縄よ何処へ』(世界社昭和3年刊の複製) 複刻頒布会、1976年
  • 『をなり神の島 1』 平凡社、1973年(東洋文庫:227)
  • 『をなり神の島 2』 平凡社、1973年(東洋文庫:232)
  • 『琉球戯曲辞典』(郷土研究社昭和13年刊の複製) 榕樹社、1992年
  • 『琉球戯曲集』(春陽堂昭和4年刊の複製) 榕樹社、1992年
  • 『琉球人種論』 榕樹書林、1997年(沖縄学資料シリーズ:1)
  • 『沖縄歴史物語』 平凡社、1998年(平凡社ライブラリー)
  • 『古琉球』 岩波書店、2000年(岩波文庫

共著[編集]

共編著[編集]

  • 『琉球史料叢書 第1-5』(東恩納寛惇、横山重と共編) 名取書店、1942年
  • 『琉球史料叢書 第1-5(再版)』(東恩納寛惇、横山重と共編) 井上書房、1962年

全集[編集]

収録:「古琉球」、「古琉球の政治」、「歴史論考」、解題(外間守善、比嘉実)
  • 『伊波普猷全集 第2巻』(編集:服部四郎、仲宗根政善、外間守善) 平凡社、1974年
収録:「南島史考(琉球を中心としたる)」、「孤島苦の琉球史」、「沖縄歴史物語 - 日本の縮図」
「歴史論考」、 解題(外間守善、比嘉実)
  • 『伊波普猷全集 第3巻』(編集:服部四郎、仲宗根政善、外間守善) 平凡社、1974年
収録:「校注琉球戯曲集」、「附録:冠船渡来と踊(知花朝章(談))」他」、解題(外間守善、比嘉実)
  • 『伊波普猷全集 第4巻』(編集:服部四郎、仲宗根政善、外間守善) 平凡社、1974年
収録:「南島方言史攷」、「沖縄考」、解題(外間守善、比嘉実)
  • 『伊波普猷全集 第5巻』(編集:服部四郎、仲宗根政善、外間守善) 平凡社、1974年
収録:「をなり神の島」、「日本文化の南漸」、解題(外間守善、比嘉実)
  • 『伊波普猷全集 第6巻』(編集:服部四郎、仲宗根政善、外間守善) 平凡社、1975年
収録:「琉球聖典おもろさうし選釈 - オモロに現はれたる古琉球の文化」、「校訂おもろさうし」
「おもろ覚書 - 琉球 古代社会の片影」、「おもろ論考」、解題(外間守善、比嘉実)
  • 『伊波普猷全集 第7巻』(編集:服部四郎、仲宗根政善、外間守善) 平凡社、1975年
収録:琉球人種論」、「琉球史の趨勢」、「琉球の五偉人」、「沖縄女性史」、「琉球古今記」
「沖縄よ何処へ」[割愛〕、「琉球風俗史考」、『琉球国由来記』解説、『琉球国旧記』解説
「歴史論考」、 解題(外間守善、比嘉実)
  • 『伊波普猷全集 第8巻』(編集:服部四郎、仲宗根政善、外間守善) 平凡社、1975年
収録:「琉球戯曲辞典」、「琉球語便覧」、「言語論考」、解題(外間守善、中本正智
  • 『伊波普猷全集 第9巻』(編集:服部四郎、仲宗根政善、外間守善) 平凡社、1975年
収録:「文学論考」、「民族論考」、解題(外間守善、比嘉実)
  • 『伊波普猷全集 第10巻』(編集:服部四郎、仲宗根政善、外間守善) 平凡社、1976年
収録:「雑纂」、「辞典」、「作品」、「序跋」、「談話・講演・座談会」、「書簡」
解題(外間守善、比嘉実)
  • 『伊波普猷全集 第11巻』(編集:服部四郎、仲宗根政善、外間守善) 平凡社、1976年
収録:「琉球語大辞典(草稿)」、「大辞典(伊波執筆琉球方言関係項目)」、「補遺」、解題(外間守善)
解題補遺(外間守善)、伊波普猷の学問と思想(外間守善)、年譜(外間守善、比屋根照夫)、著作目録
総索引、解題(外間守善、比嘉実)
  • 『伊波普猷全集 第1巻-第11巻』(編集:服部四郎,仲宗根政善,外間守善) 平凡社 1993年 第3刷

選集[編集]

論文[編集]

関連文献[編集]

  • 『伊波普猷 - 伊波普猷略年譜・主要著作一覧』 伊波普猷生誕百年記念会、1976年
  • 『沖縄学の黎明』 伊波普猷生誕百年記念会・沖縄文化協会、1976年
    収録論文など:
    • 「沖縄学の創始者伊波普猷氏」(比嘉春潮
    • 「琉球方言と本土方言」(服部四郎
    • 「おもろの尊敬動詞「おわる」について」(仲宗根政善)
    • 「思い出すままに」(金城芳子
    • 「伊波普猷の学問と思想」(大田昌秀
    • 「伊波普猷の生涯」(比屋根照夫
    • 「伊波普猷における言語論について」(屋比久浩
    • 「言語学者としての伊波普猷」(中本正智)
    • 「伊波普猷と沖縄歴史研究」(新里恵二
    • 「沖縄民俗学の課題と伊波普猷」(比嘉政夫
    • 「伊波普猷の沖縄文学研究」(外間守善)
    • 「附録:伊波普猷おもろ解釈索引」(竹内重雄
  • 『伊波普猷』 金城正篤高良倉吉共著 清水書院、1972年(センチュリーブックス:日本 39)
  • 『伊波普猷』 那覇市文化局歴史資料室、1997年
  • 『伊波普猷 金田一京助 日本民俗文化大系12』外間守善 藤本英夫 講談社、1978年
  • 『伊波普猷論』 外間守善 沖縄タイムス社、1979年(タイムス選書:10)
  • 『伊波普猷 人と思想』 外間守善編 平凡社、1976年
  • 『伊波普猷論 - 増補新版』 外間守善 平凡社、1993年
  • 『「沖縄学」の父・伊波普猷』 金城正篤、高良倉吉共著 清水書院、1984年(清水新書)
  • 『沖縄の淵』 鹿野政直 岩波書店、1993年
  • 『近代日本と伊波普猷』 比屋根照夫 三一書房、1981年
  • 『G.H.ミードと伊波普猷』 河村望 新樹社、1996年
  • 『素顔の伊波普猷』比嘉美津子 ニライ社、1997年
  • 『暴力の予感 - 伊波普猷のおける危機の問題』 冨山一郎 岩波書店、2002年
  • 『伊波普猷―国家を超えた思想』 西銘圭蔵 ウインかもがわ、2005年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 仲程昌徳 『伊波月城 琉球の文芸復興を夢みた熱情家』(シリーズ民間日本学者:リブロポート、1988年)に詳しい
  2. ^ 鳥越憲三郎『琉球宗教史の研究』p35.
  3. ^ 新城俊昭『琉球・沖縄 歴史人物伝』p140, 2006 ISBN 978-4-903042-04-6
  4. ^ 日本エスペラント運動50周年紀年行事委員会『日本エスペラント運動資料1906-1926』p31.

参考文献[編集]

関連人物[編集]


関連項目[編集]


外部リンク[編集]