漢那憲和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
漢那 憲和
Kenwa Kanna.jpg
生誕 1877年9月6日
日本の旗 日本 琉球国那覇西村
死没 1950年7月29日
日本の旗 日本 東京都
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1900年 - 1925年
最終階級 海軍少将
除隊後 衆議院議員
内務政務次官
テンプレートを表示

漢那 憲和(かんな けんわ、1877年9月6日 - 1950年7月29日)は、日本の海軍軍人政治家。最終階級は海軍少将衆議院議員海軍兵学校27期卒。

大正時代、当時の皇太子昭和天皇)の欧州遊学の際、御召艦「香取」の艦長を務めた事で知られる。退役後は地元・沖縄県選出の衆議院議員となった。戦前最後の沖縄県選出議員の一人である。

経歴[編集]

前列左端が漢那、隣は皇太子時代の昭和天皇
  • 1920年(大正9年)10月 「香取」艦長に補せられる。
  • 1921年(大正10年)3月3日から9月3日まで、御召艦香取艦長として皇太子(のちの昭和天皇)の欧州遊学に同行。同年12月、「扶桑」艦長に補せられる。
  • 1922年(大正11年)12月 「伊勢」艦長に補せられる。
  • 1923年(大正12年)12月 海軍少将に昇進と同時に横須賀防備隊司令に補せられる。
  • 1924年(大正13年)12月 軍令部出仕となる。
  • 1925年(大正14年)8月 待命となり、12月に予備役編入となる。
    48歳での予備役編入を聞き皇太子(昭和天皇)は「なぜ、漢那がそんなに早く予備役になるのか」と洩らしたという。
    海軍を退役後、郷党の熱烈な懇請により、政界への進出を決意。
  • 1927年昭和2年) 沖縄から衆議院議員に立候補して当選、以後、当選5回、勤続10年におよんだ。5回のうち4回は最高得票であった。
  • 1939年(昭和14年) 平沼内閣内務政務次官をつとめる。
  • 1942年(昭和17年) 選挙遊説中、妻が過労による脳卒中で倒れる(一命は取りとめたものの半身不随となる)。
  • 1945年(昭和20年) 衆議院議長候補に擬せられる。
    4月、米軍は沖縄本島に上陸。
    6月14日 小禄にあった海軍部隊は全滅。
    翌15日 米内海相に招かれ、6月6日付沖縄方面根拠地隊司令官大田実少将からの訣別電文を見せられる。漢那は、肩を震わせて嗚咽を堪えていたという。
  • 1946年(昭和21年)1月 公職追放令により失職。
  • 1949年(昭和24年) このころから嫌な咳をするようになり、翌年には吐血するようになった。診察をうけたところ、肺癌と診断された。
  • 1950年(昭和25年) 東京都にて死去。73歳。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]