神奈川県立横浜翠嵐高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神奈川県立横浜翠嵐高等学校
横浜翠嵐高校.JPG
過去の名称 神奈川県立第二横浜中学校
神奈川県立横浜第二中学校
神奈川県立横浜第二高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県
理念 大平凡主義
設立年月日 1914年(大正3年)5月11日
創立記念日 5月11日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 14103J
所在地 221-0854
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢南町1-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
校内
校章バッジ。の花に朝日(桜花旭光)の意匠。

神奈川県立横浜翠嵐高等学校[1](かながわけんりつ よこはますいらんこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢南町にある県立高等学校

概要[編集]

横浜翠嵐高校は、1914年(大正3年)に、神奈川県立の5番目の旧制中学校として開校した[2]。開校当時の校名は、横浜市内に設置された2番目の旧制中学校であったため、神奈川県立第二横浜中学校である。現校名は、現在も使用されている旧制中学時代からの校歌の冒頭「美なりや翠嵐」からとられた。「翠嵐」とは、山は緑で吹く風は香しく麗しいという意味の漢語的表現。樹木が青々と茂っている様子をいう。1950年(昭和25年)、男女共学化した際に現校名へ改称された。

かつては横浜東部学区(2005年度に学区は撤廃)に属していた。独自入試や翠嵐オリジナル新時程を導入するなど、先進的な試みも取り入れられている。校則は比較的緩く、生徒の自律と個性の伸張を促す。

校舎は、横浜駅より徒歩20分。横浜港を見下ろす丘の上に建つ。近くには、Jリーグクラブの横浜F・マリノス横浜FCがホームスタジアムとする三ツ沢公園球技場がある。

なお、創立当初、初代校長・瀧澤又市の方針により野球部を作らず、サッカー部の育成に力を入れた[3][4]。現在は野球部もある。

全日制普通科と定時制普通科の二つの課程が設置されている。

沿革[編集]

  • 1913年3月17日 - 神奈川県立第二横浜中学校が設立認可される(大正2年文部省告示第56号[5])。
  • 1914年5月11日 - 神奈川県立第二横浜中学として開校(旧制県立中学としては5番目の開校)。この日を創立記念日とする。初代校長は福井県立武生中学校(現・福井県立武生高等学校)校長の瀧澤又市[6][7]
  • 1916年5月7日 - 校舎建築落成式を挙行。
  • 1918年 - 第1回関東中等学校蹴球大会サッカー)に出場。
  • 1919年 - 第1回生が卒業して同窓会組織が発足。校歌の歌詞にちなんで翠嵐会と命名される(会長は校長の瀧澤又市)。
  • 1923年4月1日 - 神奈川県立横浜第二中学校と改称。
  • 1929年 - 第2回全日本男子中等学校軟球選手権大会(ソフトテニス)、5年生の内藤正秋・近藤武千組がダブルスで優勝。
  • 1930年9月21日 - 開校10周年記念として、図書館とプールが落成。
  • 1934年5月11日 - 開校20周年記念祭を挙行。
  • 1939年 - 第10回全国中等学校剣道優勝大会神奈川県予選大会で優勝。大阪中之島で開催された本選に出場した。
  • 1944年11月30日 - 学徒勤労動員で陸軍田奈部隊へ通勤中に、トラック転覆事故が発生。4年生6人が死亡[8]
  • 1945年5月29日 - 横浜大空襲により校舎の一部が被災。
  • 同年8月16日 - 終戦と同時に、生徒昇降口、グラウンド、プール、講堂がGHQに接収される。
  • 1948年4月1日 - 神奈川県立横浜第二高等学校と改称。卒業生の吉原貞七(中学4回)が第5代校長に着任。
  • 1949年 - 第4回国民体育大会秋季大会(三ツ沢バレーコート)で男子バレーボール部が全国準優勝。
  • 同年 - 第4棟から出火し、本館・雨天運動場を除き全焼。県立横浜第一女子高校(現・神奈川県立横浜平沼高等学校)の校舎を一部借用して分校を設置。
  • 1950年4月1日 - 神奈川県立横浜翠嵐高等学校と改称。男女共学となる。小学区制(1学区に1校)が施行される。
  • 1951年 - 2学期制を導入。
  • 1954年 - 神奈川県立横浜平沼高等学校との間で、「平沼・翠嵐体育対抗戦」(通称「翠平戦」)が始まる。
  • 同年5月11日 - 開校40周年記念式を挙行。
  • 1955年 - 第10回国民体育大会(神奈川大会)にサッカー部・山岳部が出場。
  • 同年12月27日 - GHQによる接収が解除される。
  • 1956年3月29日 - 体育館兼講堂が落成。
  • 1957年 - 第12回国民体育大会(静岡大会)で泉田が跳馬で優勝。
  • 1958年10月1日 - グラウンドの整地が完了。
  • 1959年 - 体育祭で1年生男子によるダンスの新種目が行われる(同種目は好評であったため次年度以降も行われ、後に「可愛子ちゃん」と命名)。
  • 1961年 - 第43回全国高等学校野球選手権大会神奈川大会で、野球部が準々決勝に進出(ベスト8)。県高野連による第1回応援賞を受賞(5校のうちの1校)。
  • 同年12月18日 - 第1棟コンクリート造3階建て校舎が落成。
  • 1963年 - 横浜市内に中学区制が施行される。横浜北部学区に属する。同学区には、本校のほか、鶴見川和市立東の各校が属する。
  • 1964年4月1日 - 定時制普通科を設置。
  • 同年5月11日 - 開校50周年記念式を挙行。
  • 1967年10月31日 - 第2棟(HR教室)コンクリート造4階建て校舎が落成。
  • 1968年3月30日 - 柔剣道場が落成。
  • 同年12月3日 - 第3棟(特別教室)コンクリート造3階建て校舎、給食室が落成。
  • 1969年 - 翌1970年にかけて、翠嵐闘争(高校紛争)が起き、授業が数日停止され、テストは延期、卒業式は中止された。制帽が自由化される。
  • 1970年 - 全国将棋大会で、囲碁将棋同好会が2位入賞。
  • 1972年3月28日 - 部室(クラブハウス)が完成。
  • 1980年 - 最後の「翠平戦」。途中二度の中断をはさむ25戦で、翠嵐の13勝12敗だった。
  • 1981年 - 新たな中学区制を実施する。本校は横浜東部学区に属する。
  • 1984年6月5日 - 開校70周年記念式を挙行。
  • 1989年10月31日 - アメリカ合衆国メリーランド州エレノア・ルーズベルト高校英語版と姉妹校協定書調印。
  • 1992年 - 第74回全国高等学校野球選手権大会神奈川大会で、野球部が準々決勝に進出(ベスト8)。
  • 1993年3月26日 - プールが落成。
  • 1994年10月29日 - 開校80周年記念式を挙行。彫刻家・田邊光彰(高9回)によるモニュメント「MOMI(野生稲の発芽-2)」が正門横に設置され、除幕式が行われる。
  • 2002年 - 第57回国民体育大会(よさこい高知国体)で、竹内敦史(高55回)が三段跳で優勝。
  • 2004年11月26日 - 開校90周年記念式を挙行。
  • 2005年 - 学区制を廃止。
  • 2007年 - 県教育委員会が「学力向上進学重点校」10校のうちの1校に指定する。
  • 2008年 - 卒業生の鈴木浩之(高22回)が第23代校長に着任。
  • 2010年 - 県教育委員会が、県立高校教育力向上推進事業(教育推進校)の「学力向上進学重点」18校のうちの1校に指定する[9]
  • 2011年 - 全国高等学校クイズ選手権(高校生クイズ)2011において、クイズ研究会(後のクイズ研究部)が神奈川代表として全国大会に出場。
  • 2013年 - 学力向上進学重点校(アドバンス校)に指定(本校と神奈川県立湘南高等学校[10]
  • 2014年 - 開校100周年・定時制50周年。

教育[編集]

大平凡主義[編集]

校訓・校是は大平凡主義[11]。大平凡主義は、初代校長・瀧澤又市が、当時の修身の授業で「人をかき分けて 生きてゆくようなことをしてはならない。偉大な平凡主義で世の中を渡っていきなさい。」と教えたことに始まり、後に「偉大な平凡主義」から「大平凡主義」と言われるようになった。その意味するところを、

  1. 中道を重んじ極端突出した行動をしない
  2. 当たり前のことを当たり前にできることを目指す

などと表現したが、名誉や地位などばかり利己的に求めずに市井の偉人となって世の中のために尽くしましょうという考えかたである。

瀧澤は「人間はあるがままに伸びよ」という教育理念に基づいて、「平凡主義」を説いた[3]。本校以前に瀧澤が校長を務めた福井県立大野中学校(現・福井県立大野高等学校)の思い出を語る中で、「自分は此亀山に登って、先ず今後の教育指導の大方針を練って見た。此閑寂な田舎町、伝統的旧習の多い事であろう其良習美俗は飽くまで維持し助長すると同時に、最新の帝都文化の美点長所を移植して見やう。即ち剛健質実、勤倹力行の輪郭に最も進歩的な積極的な文化の程度と施設とを与ふる事にしやう。又狭い所だけに感化力刺激性は偉大であるから、一挙手一投足も粗末にせず、勉めて人格の涵養、品性の陶冶に主力を注ぐ事に致さう。秀才教育よりも偉大な平凡主義を採らう等々、種々なる指導精神が浮んで来た。…自分が烏滸がましくも、偉大な平凡主義を考察し始めてから一年程たった或日、福井新聞の投書欄に次のような学校短評が出た。「福井中学生は悧巧だ、武生中学生は乱暴だ、大野中学生はウスノロだ」と云うのであった。自分は此ウスノロを頗る興味ある事に感じ、又平凡主義を発表するに絶好の機会と思ひ、右の投書を切っかけに全校生を集めて我が平凡主義を大に説明し大に強調した次第であった。爾来校外にて講演を頼まるる場合には、ウスノロジー主義と云ふ演題を掲げて平凡主義や大器晩成論、鈍重成功談などを振り廻す様になり、目から鼻に脱けると云ふ横浜に来てからも、大都市青年の軽佻浮薄、才走った小悧口さ、度胸と意欲とに缺けた点を警醒するため、折々此ウスノロジー主義を宣伝した事もあった。」と述べている。

自由と個性を尊重[編集]

翠嵐は、自由と個性の尊重を教育方針としており、校風もこれに倣う。この校風と上に示された校訓・校是は、一見矛盾するが、いずれも確かに翠嵐および翠嵐生に当てはまる。

特色[編集]

  • アメリカ・メリーランド州のエレノア・ルーズベルト高校英語版と姉妹校協定を結んでおり、例年6月にはエレノア・ルーズベルト高校の生徒が翠嵐高校を訪問する。また、例年3月には、翠嵐の生徒がエレノア・ルーズベルト高校を訪問する。
  • 近所にある神奈川朝鮮中高級学校との交流会が行われる。
  • 行事が盛んで、9月の終わりの体育祭も3年主体で行われる。
  • 定時制は自校方式3修制を行い校内の授業で3年でも卒業できるシステムを取り入れている。

校歌と校章[編集]

校歌は、本校教諭の山本茂が作詞、本校教諭でヴァイオリニストの高城重之が作曲、高木東六佐々木英治石渡日出夫が編曲した。冒頭の「美なりや翠嵐/煙波の港」から、1919年(大正8年)創設の同窓会組織は「翠嵐会」と命名され、1950年(昭和25年)には校名も「横浜翠嵐」となった。かつては2番まであったが、現在は1番のみ歌われる。また1番末尾の歌詞も、かつては「そこに尚武の旗風しるく/そこに勤倹の実をこそ結べ」であったが、現在は「そこに平和の旗風しるく/そこに文化の実をこそ結べ」に変更されている[12]

校章は、桜の花に朝日が射した「桜花旭光」の意匠。初代校長の瀧澤又市が、以前に教諭として勤めた東京府立第三中学校(現・東京都立両国高等学校・附属中学校)の校風を好んだため、同じ図案の校章を採用した[11]

部活動[編集]

ここでは全日制に置かれている29の部活動及び7の同好会に加え、有志による参加により活動している2つの委員会も記述する。

運動部[編集]

  • 野球部
  • サッカー部
  • ハンドボール部
  • バスケットボール部
  • 陸上競技部
  • 硬式テニス部
  • ソフトテニス部
  • 剣道部
  • 卓球部
  • 水泳部
  • バレーボール部
  • 体操競技部
  • バドミントン部
  • 山岳部
  • ダンス部
  • 柔道部(部員数0人のため、平成25年より休部扱い)

文化部[編集]

  • クイズ研究部
  • 音楽部
  • 生物部
  • 漫画研究部
  • 科学部
  • 茶道部
  • 美術部
  • 吹奏楽部
  • 棋道部
  • 弦楽部
  • ポピュラーソング部
  • 書道部
  • 演劇部

同好会[編集]

  • フィールドワーク同好会
  • 料理研究同好会
  • 文芸同好会
  • 数学研究同好会
  • 英語同好会
  • IT研究同好会
  • 天文同好会

委員会[編集]

  • 翠嵐時報(新聞部)
  • 放送委員会(SHBC)

行事[編集]

  • 陸上競技大会:例年5月頃、三ツ沢競技場にてクラス対抗で行われた。平成21年度に廃止。
  • 球技大会:前期と後期で年2回行われる。前期は各学年ごとに、後期は学年の枠を取り払って行われる。
  • 翠翔祭(文化祭):6月に行われる。クラスや部活動、同好会、気の合う仲間単位でさまざまな催しが繰り広げられる。入学、進級してからすぐに企画せねばならない。
  • 芸術祭:秋に行われる。自由参加に近く、参加者数が少ないと正式行事にならない。文化部や同好会の貴重な発表の機会であったが、平成22年度に廃止。
  • 体育祭:例年9月に行われる、横浜翠嵐高校最大の行事。クラス・学年にかかわらず、誕生日ごとに縦割りで緑組(春生まれ)・赤組(夏生まれ)・黄色組(秋生まれ)・白組(冬生まれ)に分かれ、さまざまな競技で得点を争う。4年連続最下位ならば、色替えが強制される。最も盛り上がりを見せるのは、1年男子が仮装(女装)して踊る「可愛子ちゃん(通称:カワイコ)」である。現在は各組から「カワイコ」メインが4人、「可愛子ちゃん」の曲で踊った後登場しかっこいいダンスを踊る「カッコイイ」メイン(彼らは女装しない)5人が選抜され、これらのメインダンサーに選ばれた1年生が、翌年以降の体育祭でリーダー的役割を担うことが多い。2011年からは形式が変更され、「カワイイ」「カッコイイ」「劇」「入場メイン」のいずれかで前に出て、全員が平等に活躍できるように変更された。また、各組が製作する「パネル」は、教室ほどの大きさの板に割り箸を使って点描される。「可愛子ちゃん」は1・2年生が主体となり、「パネル」は3年生が主体となる。「パネル」を立てるためには校庭に「穴掘り隊」、「プロジェクト」などが編成される。さらに、ここ数年では「カッコイイ」のメインだった3年生の中から7人程度が有志団体「花鳥風月」を結成し毎年、翠翔祭や体育祭で後夜祭のトリを飾っている。一部の部活動を中心に編成される「野外劇場(通称:野劇)」と呼ばれる演劇も体育祭三大種目の一つであったが、現在は実施されていない。いずれも祭の2か月以上前から、放課後を使って練習・製作される。
  • 1954年(昭和29年)から1980年(昭和55年)までは、神奈川県立横浜平沼高等学校との体育対校戦、翠平戦(すいへいせん)が行われた。25戦13勝12敗と翠嵐の勝ち越しのまま、30年以上も開催されていないが、各部活独自に翠平戦を開催しているところもある。

旧学区[編集]

学区撤廃以前は「横浜東部学区」(1981-2004年度/以下各校)に属していた。

交通[編集]

著名な出身者[編集]

五十音順

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

わ行

  • 和田卓生(横浜市会議員)
  • わたりとしお・watari(ダンサー、心理カウンセラー、音楽療法士、ダンスセラピスト)【高32回】

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 校名の「翠」の文字は、「翆」と表記される場合もある。
  2. ^ 一中(希望ヶ丘)、二中(小田原)、三中(厚木)、四中(横須賀)に次ぐ第5番目。横浜市内では、一中に次ぐ第2番目。
  3. ^ a b 内田友昭(高17回) (2008年12月). “瀧澤校長に想う”. 翠嵐カフェ. http://www.suirankai.jp/cafe/principal-takizawa-uchida_07-06-08-v4.html 2014年7月3日閲覧。 
  4. ^ 「瀧澤校長は生徒の体力向上に力を入れられ、プールを建設したが、これには平沼亮三氏の援助があった。野球は嫌いで取り組ませずサッカーを奨励した。(又一三女のご子息堀田義久氏による)」、内田『瀧澤校長に想う』。瀧澤が退職した翌年に野球部は創設された。
  5. ^ 1913年(大正2年)3月17日付『官報』”. 国立国会図書館デジタル化資料. 2013年2月20日閲覧。
  6. ^ JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A09054436900、職員録・大正三年・職員録(国立公文書館)
  7. ^ JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A09054436700、職員録・大正二年七月(七月一日現在)・職員録(国立公文書館)
  8. ^ 1953年には、中学28回生が中心となって、事故現場で慰霊碑除幕式・慰霊祭が行われた。
  9. ^ 県立高校教育力向上推進事業 教育推進校 <学力向上進学重点>”. 神奈川県教育委員会. 2013年2月20日閲覧。
  10. ^ 神奈川県教育局指導部高校教育企画課 (2013年6月10日). “県立高校教育力向上推進事業Ver.Ⅱについて”. http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f470371/ 2014年7月3日閲覧。 
  11. ^ a b 翠嵐会 (1997年3月1日). “美なりや翠嵐”. 翠嵐カフェ. http://www.suirankai.jp/cafe/index.html#binariya 2014年7月3日閲覧。 
  12. ^ 神奈川県立横浜翠嵐高等学校 『創立100周年記念誌 美なりや翠嵐』、2014年 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]