ニール・ゴードン・マンロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニール・ゴードン・マンロー

ニール・ゴードン・マンロー(Neil Gordon Munro、1863年6月16日 - 1942年4月11日)は、イギリスの医師、考古学者、人類学者。エジンバラ大学で医学を学び、インド航路の船医として29歳で日本にやってきた[1]。横浜で横浜ゼネラルホスピタルで医師として、その後軽井沢サナトリウムの院長として働く一方、考古学にも深い造詣があり、日本の旧石器時代の研究をつづけ、横浜三ツ沢の貝塚(横浜市神奈川区)の発掘などをしている。1905年、日本に帰化した。  

晩年[編集]

1933年に北海道に渡り、平取町二風谷(にぶたに)にマンロー邸を建てて暮らし、結核患者に献身的な医療活動を行った。アイヌと親しくなった彼は、9年後、ここで亡くなる時に、コタンの人々と同様の葬式をしてくれるよう遺言した。マンローの人類学関連の蔵書は以前から親交があったフォスコ・マライーニに譲られ、アイヌ研究の遺稿はマライーニからロンドン大学へ送られ、人類学者のセリーグマンの手によって『AINU Past and Present』としてまとめられた。

アイヌ文化の理解者であり、アイヌ民具などのコレクションの他、イオマンテ(熊祭り、1931年製作)などの記録映像を残した。映像の大部分は、網走北海道立北方民族博物館で見ることができる。彼の旧宅兼病院であった建物は、北海道大学に寄贈され、北海道大学文学部二風谷研究室として活用されている。一般公開はされていない。毎年6月16日マンローの誕生日は、二風谷では「マンロー先生の遺徳を偲ぶ会」が開かれている。

マンローのコレクションはスコットランド国立美術館に収蔵され、2001年の日本フェスティバルで公開された。

著書[編集]

  • 『先史時代の日本』第一書房(英文、復刻版、1982年)
  • 『アイヌの信仰とその儀式』国書刊行会 2002年

参考文献[編集]

  • 桑原千代子著『わがマンロー伝―ある英人医師・アイヌ研究家の生涯』新宿書房 1983年

脚注[編集]

  1. ^ 池澤夏樹『セーヌの川辺』集英社 2008年 p.78-81 

関連項目[編集]