新浪剛史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新浪 剛史(にいなみ たけし、1959年(昭和34年)1月30日 - )は、日本の企業経営者。サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長、株式会社ローソン取締役会長。 弟は埼玉医科大学教授の新浪博士[1]

略歴[編集]

  • 1991年(平成3年)5月 ハーバード大学経営大学院修了(MBA取得)。
  • 1995年(平成7年)6月 株式会社ソデックスコーポレーション(現・株式会社LEOC)代表取締役就任。
  • 1999年(平成11年)7月 三菱商事株式会社生活産業流通企画部外食事業チームリーダー就任。
  • 2000年(平成12年)4月 同社ローソンプロジェクト統括室長兼外食事業室長就任。
  • 2001年(平成13年)4月 同社コンシューマー事業本部ローソン事業ユニットマネジャー兼外食事業ユニットマネジャー就任。
  • 2002年(平成14年)
  • 3月 株式会社ローソン顧問就任。
  • 5月 同社代表取締役社長執行役員就任。

出演[編集]

  • 日本の、これから第31回「日韓の未来」(2010年8月14日、NHK)
  • 日曜討論「どうするTPP 交渉参加に賛成?反対?」(2011年10月30日、NHK)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “「兄・経営者、弟・医学博士」新浪兄弟のDNA 一番手ではないからこそ新しいことをする”. 東洋経済オンライン. (2014年4月8日). http://toyokeizai.net/articles/-/34573 2014年4月12日閲覧。 
  2. ^ 産業競争力会議メンバーに、新浪ローソン - ロイター - Reuters
  3. ^ “社長人事を含む代表取締役の異動および取締役・役員人事異動のお知らせ”. 株式会社ローソン. (2014年3月24日). http://www.lawson.co.jp/company/news/088177/ 2014年4月12日閲覧。 
  4. ^ “サントリーの新浪次期社長が会見 本当のグローバル企業に”. 共同通信. (2014年7月1日). http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014070101001882.html 2014年11月14日閲覧。