東室蘭駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東室蘭駅
東口(2009年9月)
東口(2009年9月)
ひがしむろらん - Higashi-Muroran
北海道室蘭市東町2丁目29
駅番号 H32
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
電報略号 ヒム
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
2,123人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1892年(明治25年)8月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 室蘭本線(本線)
キロ程 77.2km(長万部起点)
(H33) 本輪西 (4.5km)
(1.9km) 鷲別 (H31)
所属路線 室蘭本線(支線)
キロ程 0.0km(東室蘭起点)
(2.3km) 輪西 (M33)
備考 終日駅員配置
みどりの窓口
西口(2009年7月)

東室蘭駅(ひがしむろらんえき)は、北海道室蘭市にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)室蘭本線駅番号H32。JR北海道の駅は東町2丁目に、JR貨物の駅は日の出町1丁目にある。

概要[編集]

長万部駅 - 岩見沢駅間を結ぶ室蘭本線の本線と当駅から室蘭駅へ向かう支線の分岐点となっており、寝台特急・特急・急行列車を含めて全ての旅客列車が停車する。室蘭本線は当駅以東の沼ノ端駅までの区間と支線が終点の室蘭駅まで交流電化されているが、長万部方面は非電化となっている。

歴史[編集]

1976年の東室蘭駅と周囲約1km範囲。左下の下が支線の室蘭方面、中が鷲別機関区輪西派出向け側線と新日鉄室蘭製鉄所及び日鐵セメント向け専用線、上が本線の伊達紋別方面。右上は東室蘭操車場の一端。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  • 1892年明治25年)8月1日:北海道炭礦鉄道室蘭駅として現在の輪西駅付近に開業。一般駅
  • 1897年(明治30年)7月1日:室蘭駅開業に伴い、輪西駅(わにしえき)に改称。
  • 1906年(明治39年)10月1日:北海道炭礦鉄道の鉄道路線が国有化(鉄道国有法)され、国有鉄道の駅となる。
  • 1909年(明治42年)10月12日:線路名称制定により室蘭本線所属となる。
  • 1919年大正8年):輪西製鉄所拡張に伴う線路及び国道移設工事着工[1]
  • 1920年(大正9年)11月6日:太平洋沿いの市内イタンキに移転[2][1]
  • 1921年(大正10年)6月18日:日本製鋼所輪西工場製鐵課(輪西製鉄所、現在の新日鐵住金室蘭製鐵所)専用鉄道 本線4.6km、支線21.2km 運用開始[3][4]
  • 1922年(大正11年)8月:輪西製鉄所拡張に伴う線路移設工事竣工[1]
  • 1925年(大正14年)8月20日:長輪西線が伊達紋別駅まで開通。駅が現在の場所に移転。
  • 1928年昭和3年)9月10日:東輪西駅(ひがしわにしえき)に改称。
  • 1931年(昭和6年)9月1日:東室蘭駅に改称(「東輪西」の駅のアナウンスが「東は西」に聞こえてしまい、紛らわしいため改称したという説がある)。
  • 1940年(昭和15年):室蘭本線を戦時下の石炭緊急輸送幹線として位置付け、その増強の一環として当駅構内の改良工事を開始。
  • 1942年(昭和17年)12月:東室蘭操車場一部操業開始(翌1943年に本格操業)。
  • 1944年(昭和19年)10月1日:駅舎改築。構内改良工事完成。
  • 1950年(昭和25年)2月10日:東室蘭貨車区設置。
  • 1955年(昭和30年)5月:富士セメント(現在の日鉄住金セメント)操業開始。専用鉄道運用開始[5]
  • 1968年(昭和43年)7月30日:室蘭市中央卸売市場(現在は地方卸売市場)開場。専用線使用開始[6]
  • 1969年(昭和44年)12月26日:駅舎を橋上駅に改築。
  • 1984年(昭和59年)2月1日:東室蘭操車場廃止。
  • 1986年(昭和61年)11月1日:荷物の取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により、北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)が継承。
  • 1996年平成8年)10月6日:JR貨物の駅が東室蘭操車場跡に移転。
  • 1999年(平成11年)12月8日:自動改札機設置。
  • 2007年(平成19年)4月3日:東室蘭自由通路(わたれーる)が開通[7]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線、下りのみの通過線を有する。のりばは2番から5番まであり、東側から番号が振られている。1番線は欠番。

2・3番線はホームが短く、東室蘭駅で折り返す、あるいは優等列車を待避する普通列車が主に使用する。また室蘭駅発のL特急すずらん」は、すべてこのホームを使用する。4・5番線はホーム長が長く、特急急行列車が主に使用する。なお4番のりばに函館青森方面の列車が発着し、5番線に札幌方面の列車が発着する。ただし普通列車はこの限りではない。

車両がホームから留置線に入る際には、引き上げ線スイッチバックをする必要がある。

橋上駅舎を備え、改札口は東口と西口を結ぶ自由通路に面する。終日社員配置駅で、みどりの窓口(営業時間4時00分 - 24時00分)、ツインクルプラザ東室蘭支店(営業時間10時00分 - 18時00分、土・日・祝は17時00分まで)、自動券売機自動改札機Kitaca非対応)設置、改札横に待合室がある。

駅の東西を結んでいる自由通路は2007年(平成19年)4月に完成し、エレベーターエスカレーターが設置されてバリアフリー化が図られた。通路は幅員8メートルを確保しており、正面に新日鐵住金室蘭製鐵所が一望できる休憩スペースも設置されている。公募により通称は「わたれーる」に決まった。2008年(平成20年)3月1日には北洋銀行駅ナカBANK」を設置。その後、ホームまでのエレベーター設置や駅ビル改築、東口駅前広場の整備を進めて2008年(平成20年)度に完了した。

のりば
2 室蘭本線 室蘭方面
3 室蘭本線 室蘭・登別苫小牧札幌方面
4 室蘭本線 洞爺長万部函館青森上野方面
5 室蘭本線 苫小牧札幌方面

利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均乗車人数は2,123人。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2006 1,997
2007 2,079
2008 2,129
2009 2,118
2010 2,090
2011 2,123

駅周辺[編集]

東口方面は東地区、西口方面は中島地区で室蘭市の人口・商業集積地区になっている。

東口[編集]

イタンキ浜への最寄口

西口[編集]

バス路線[編集]

貨物駅[編集]

東室蘭駅
ひがしむろらん - Higashi-Muroran
東室蘭 (1.0km)
(0.9km) 鷲別
北海道室蘭市日の出町1丁目
所属事業者 JR logo (freight).svg日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 室蘭本線
キロ程 78.2km(長万部起点)
電報略号 ヒムソ
開業年月日 1892年(明治25年)8月1日
備考 貨物専用駅
1976年の東室蘭操車場と周囲約1km範囲。左下が東室蘭駅方面。右端の水色屋根の長い建家が室蘭中央卸売市場で、操車場との間に専用線が敷かれている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

日本貨物鉄道(JR貨物)の駅は旅客駅の東側にある。通称は東室蘭操車場、東室蘭貨物駅など。1面2線のコンテナホーム(全長は400メートルほど)、着発線5本、仕分線数本を有する。コンテナホームの北側に接するコンテナ荷役線も着発線となっており、着発線荷役方式(E&S方式)を採用している。コンテナホームの南側に接する荷役線は側線である。また、南側には苗穂車両所輪西派出があり、東室蘭駅から線路が伸びている。

構内の入換作業は、DE10形ディーゼル機関車が担当している。このディーゼル機関車は、本輪西 - 当駅間の区間列車の牽引も行っている。

かつては旅客駅東口の南側に貨物設備が設置されていたが、1996年(平成8年)10月に旧・東室蘭操車場跡地に移転、着発線荷役方式を導入した。それによりホーム面積が2倍になった。また、新日鐵住金室蘭製鐵所への専用鉄道があり、鉄鋼製品などを輸送していた。現在は普通列車の引き上げ線として使用されている。日鉄住金セメント室蘭工場へも専用鉄道が伸びており、セメントの発送も行っていた。その他、操車場から分岐し室蘭市中央卸売市場(現在は地方卸売市場)へ続く室蘭市長が保有する専用線もあった。

取扱貨物[編集]

東室蘭駅は、コンテナ貨物と、臨時の車扱貨物の取扱駅である。コンテナ貨物は、JR規格の12フィートコンテナのみ取り扱っている。

取扱品は砂糖農産物が多い。産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の取扱許可を得ており、それらが入ったコンテナの取り扱いが可能である。

貨物列車[編集]

高速貨物列車は、上り列車(長万部方面)が1日12本停車し、うち当駅終着が2本ある。行先は、隅田川駅東京貨物ターミナル駅名古屋貨物ターミナル駅吹田貨物ターミナル駅百済貨物ターミナル駅などがある。上り臨時列車や、当駅始発の札幌貨物ターミナル駅行き下り列車も1日1本設定されている[8]

専用貨物列車の発着駅となっているが、現在は当駅で荷役作業を行う貨車はなく、苗穂車両所輪西派出で検査を受ける私有貨車などを回送するために設定されている。

利用状況[編集]

2012年度(平成24年度)の発送貨物は104,341トン、到着貨物は50,681トン[9]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
室蘭本線(本線)
本輪西駅 (H33) - 東室蘭駅 (H32) - (貨)東室蘭駅 - 鷲別駅 (H31)
室蘭本線(支線)
東室蘭駅 (H32) - 輪西駅 (M33)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 輪西駅参照。
  2. ^ 官報 1920年(大正9年)10月06日告示 国立国会図書館デジタルコレクション。
  3. ^ 地方鉄道軌道一覧 (社)鉄道同志会 昭和7年10月発行。
  4. ^ 室蘭製鐵所50年史 第8章 運輸部門 P591 によれば、御崎の船入澗から製鉄所置場まで軽便馬車軌道が敷かれており、最初の機関車は1917年(大正6年)に購入した国鉄ケ200形蒸気機関車の「ケ206」であった。
  5. ^ 当初は富士製鐵輪西製鉄所(後の新日鐵住金室蘭製鉄所)専用鉄道に含まれていたが、後に富士セメント専用鉄道として分離。昭和39年版全国専用線一覧にて作業距離2.1km。
  6. ^ 昭和45年版全国専用線一覧 市場線 作業距離1.4km、総延長2.6km。
  7. ^ “みんな「わたれーる」JR東室蘭駅自由通路が開通”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2007年4月4日). http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2007/04/04/20070404m_02.html 2015年4月11日閲覧。 
  8. ^ 『貨物時刻表 平成26年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2014年、 138-139頁。
  9. ^ 運輸・通信 (PDF)”. 室蘭市統計書 平成25年度版. 室蘭市. 2015年4月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]