黄金駅 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黄金駅
黄金駅(2009年9月)
黄金駅(2009年9月)
こがね - Kogane
H36 稀府 (4.5km)
(2.2km) 崎守 H34
所在地 北海道伊達市南黄金町
駅番号 H35
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 室蘭本線
キロ程 65.1km(長万部起点)
電報略号 コネ
コン(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
12人/日
-2011年-
開業年月日 1925年大正14年)8月20日
備考 無人駅

黄金駅(こがねえき)は、北海道伊達市南黄金町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線である。駅番号H35電報略号コネ

駅構造[編集]

単式ホーム島式ホーム(片面使用)複合型の2面2線を有する地上駅。かつては2面3線の配線であったが、1983年(昭和58年)時点で島式の駅舎側の1線(中線・旧2番線)は長万部方の転轍機及びホームまでの線路が撤去され、岩見沢方は上下線への転轍機が残され側線となっていた[1]。さらに1993年(平成5年)時点で転轍機を含め完全に撤去されていた[2]。互いのホームは駅舎側単式ホーム北側と島式ホーム北側を結んだ構内踏切で連絡している[2]。そのほか1983年(昭和58年)時点で1番線側(駅舎側、下り線)に岩見沢方から分岐した短い側線を1線有していたが[1]、これも1993年(平成5年)時点で転轍機を含め撤去されている[2]

無人駅となっている。駅舎は線路の東側(陸側・岩見沢方面に向かって左側)に位置し単式ホームに接している。有人駅時代の下見板張りの駅舎[3]は改築されたが、新しい駅舎も下見板張りを採用している[3]。駅舎内にトイレを有する。

かつては駅舎内に売店があり、無人化後も簡易委託として乗車券を販売していたほか、依頼すれば国鉄時代からの駅スタンプも押すことが出来た(1993年(平成5年)時点では営業中であった[2])。

駅横の駐輪場には枕木が再利用されている[3]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。当地は以前、アイヌ語の「オ・コンプ・シュベ」(河口に昆布のある所)に由来する「黄金蘂」(おこんしべ)の名で[3]、駅名も同名であったが、後に「黄金」に改称され、駅名も改称された[1]

利用状況[編集]

1日平均の乗降人員は下記の通りである。

乗降人員推移
年度 1日平均人数
1981[1] 98
1992[2] 76
2005 38
2006 34
2007 31
2008 29
2009 28
2010 21
2011 12

駅周辺[編集]

当駅は内浦湾の海際にあり、ホームから青く広い海が望める。

歴史[編集]

1976年の黄金駅と周囲約1km範囲。下が東室蘭方面。下側本線から右へ旧線跡が小道状になって残る。構内は長万部方が長く、DD51に率いられた下り貨物列車が構内踏切の際まで寄せて退避しているのが確認できる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
室蘭本線
稀府駅 (H36) - 黄金駅 (H35) - 崎守駅 (H34)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1990年7月1日時点では既に完全無人化されている(小冊子『HANDBOOK 1990』「駅は旅の出発点」(発行:北海道旅客鉄道、1990年発行)より)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)76ページより。
  2. ^ a b c d e 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)84ページより。
  3. ^ a b c d 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)135ページより。

関連項目[編集]