錦岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
錦岡駅
錦岡駅舎(2004年7月)
錦岡駅舎(2004年7月)
にしきおか - Nishikioka
H22 社台 (6.3km)
(5.2km) 糸井 H20
所在地 北海道苫小牧市宮前町2丁目
駅番号 H21
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 室蘭本線
キロ程 125.4km(長万部起点)
電報略号 ニオ
ニタ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1898年明治31年)2月1日
備考 無人駅
ホームの様子

錦岡駅(にしきおかえき)は、北海道苫小牧市宮前町3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線駅番号H21電報略号ニオ

歴史[編集]

1975年の錦岡駅と周囲約750m範囲。左下が東室蘭方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

相対式2面3線で複線の本線の間に待避線が1本ある。糸井駅発着の普通列車の回送に用いられるほか、貨物列車の待避にも使用される。

駅舎は北側に設置され、跨線橋で結ばれている。無人駅だが、簡易自動券売機が設置されている。かつては現在の3倍ほどの規模の駅舎で、駅員事務所もあったが、旧駅舎は火災で焼失している。

駅舎は少々高台に建てられており、スロープが設置されている。

駅周辺[編集]

駅周辺は住宅街となっている。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
室蘭本線
社台駅 (H22) - 錦岡駅 (H21) - 糸井駅 (H20)

参考文献[編集]

  1. ^ a b 苫小牧市史 下巻 昭和51年3月発行。

関連項目[編集]