ブライトシュプールバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
提案されたルートマップ1943
ニュルンベルクのニュルンベルク交通博物館にある2階建て列車の模型

ブライトシュプールバーン: Breitspurbahn、広軌鉄道)とはドイツ第三帝国において、1942年5月から1945年終戦まで計画されていた超高速巨大鉄道網のこと。軌間は3000mm、主要都市を結ぶ計画だった。

この計画はヒトラーが直々にドイツ帝国鉄道に委託したものだった。その主な目的はソビエト連邦に勝利したのちに建国されるはずだった大ゲルマン帝国において、スラブ民族を奴隷化し、また東ヨーロッパドイツ民族の移住地、資源の供給地として確保するためであった(東部総合計画東方生存圏も参照)。

起点は首都ベルリン(戦勝の暁には「世界首都ゲルマニア」と改称予定)とミュンヘンに置かれ、時速250kmで走る全長70m、幅6m、2万4000馬力の機関車を8両連結し、その後に全長50m、2階建ての客車を15両連結した列車を走らせる計画であった。また1編成につき1728人が乗車できるよう設計されていた。また貨物列車も当時より遥かに高速化し、最高速度100km/hが計画されていた。

構想された軌間標準軌(1435mm)、ロシア軌間(広軌、5ft=1524mm)との比較。

路線は1943年の建設計画では以下となっていた(なおカッコ内は、次期接続構想区間)。

この計画はドイツの敗戦により消滅した。

外部リンク[編集]