アドトランツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アドトランツAdtranz )は、ABB Daimler Benz Transportation の略称で、1996年から2001年まで存在したドイツ鉄道システム製造企業である。2001年にカナダボンバルディアに買収されたが、実質的にはボンバルディア・トランスポーテーション(本社は引き続きベルリン)として存続している。

沿革[編集]

1996年、スウェーデンに本社を置く総合電機メーカー・アセア・ブラウン・ボベリ(ABB)の鉄道システム部門と、ダイムラーの前身で、欧州最大の企業グループ「ダイムラー・ベンツグループ」の鉄道システム部門AEGが統合され、ABBダイムラー・ベンツトランスポーテーション (ABB Daimler Benz Transportation)、略称「アドトランツ」(Adtranz)設立。

1999年、ABB持株分がダイムラー・クライスラーに売却されたことにより、社名がダイムラー・クライスラーレイルシステムズ (Daimler Chrysler Rail Systems) に変更、ブランド名「アドトランツ」となる。

2001年、カナダに本社を置く重工業メーカーであるボンバルディアに買収される。

概要[編集]

ドイツ・ベルリンに本社を置き、世界60カ国に約2万4000人の従業員を有した。計14種類の商品群からなる組織は、4つのビジネスセグメントに大別される。

※以下、アドトランツ公式資料に基づく(製品/中核となる支社)

マス・トランジット (Mass Transit)[編集]

メイン・ライン (Main line)[編集]

システム&コンポーネント (System&Components)[編集]

マーケティング&サービス (Marketing&Service)[編集]

  • カスタマーサポート/ダービー

関連項目[編集]