ケルン-アーヘン高速線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Schnellfahrstrecke Köln–Aachen
ケルン-アーヘン高速線の路線図
路線総延長 70 km
軌間 1,435 mm
電圧 15 kV 16.7 Hz(交流
最高速度 250 km/h

WBRÜCKE WBRÜCKE
ホーエンツォレルン橋 (ケルン・メッセ/ドイツ駅方面)
mKRZo mKRZo
ケルンシュタットバーン
SBHF BHF
0,0 ケルン中央駅
mTSHSTo mKRZo
0,8 ケルン・ハンザリング
ABZrf ABZrf
ケルン=ニッペス・ノイス方面
STR ABZlf
ライン左岸線
ABZ3lg KRZo KRZo
2,0 ケルン=ロンゲリヒ-ケルン・ヴェスト貨物線
STR ÜWol ÜWur
立体交差
STR ÜWu+l ÜWo+r
ABZrg KRZo KRZo
ケルン西駅方面
mKRZo mKRZo mKRZo
3,2 ケルンシュタットバーン
mKRZo mTHSTo mTSHSTo
3,7 ケルン=エーレンフェルト
DST STR STR
ケルン=エーレンフェルト駅
ABZrf STR STR
HGK
KRZo KRZo KRZo
HGK
ABZlf ABZlg SHST
5,9 ケルン=ミュンガードルフ=テヒノロギーパルク
ABZ3rf ABZrf STR
6,5 メンヒェングラートバッハ方面
DST STR
9,5 レーヴェニヒ駅
STR SHST
9,7 レーヴェニヒS-Bahn
STR SHST
11,1 ケルン=ヴァイデン・ヴェスト
eBHF SHST
13,8 フレッヒェン=ケーニヒスドルフ
CSTRag CSTRag
15,0
KRZh KRZh
16,5 南北線 (RWE Power)
CSTRef CSTRef
16,6
ABZ3lg ABZrf STR
18,5 エルフト線
STRlf ABZlg STR
BHF BHF SBHF
18,7 ホレム
WBRÜCKE1 WBRÜCKE1
エルフト川
STR SBHF
21,4 ジンドルフS-Bahn
DST STR
26,0 ドルスフェルト駅
STR ÜST
27,8 ビューア・ウースト
eBHF SHST
30,3 ビューア
eABZlg STR
エルフト鉄道・ノイス方面
STR SHST
35,0 メルツェニヒ
STR ÜST
35,7 メルツェニヒ・ウースト S-Bahn eingleisig
DST STR
36,8 デューレン車両所
ABZlf ABZlg
STRrg ABZrf ABZrg
39,0 ベルデ線
ABZlg ABZrg ABZrf
39,1 リンニッヒ方面
KBHFe BHF SBHF
39,2 デューレン駅
ABZrg ABZrf
STR STRlf
39,8 デューレン-ハイムバッハ線
WBRÜCKE
ルール川ドライグルト橋梁
DST
42,2 フーベルトゥスホーフ
DST
デリヒスヴァイラー
BHF
48,9 ランガーヴェーエ駅
exSTRrg eABZrf
49,0 インデタール線接続
xABZlg STR
BHF STR
エシュヴァイラー=ヴァイスヴァイラー
HST STR
エシュヴァイラー=ノースベルク
STR HST
54,1 ノートベルク
BHF STR
STR BUE
STR BHF
56,9 エシュヴァイラー中央駅
HST STR
エシュヴァイラー西
WBRÜCKE TUNNEL2
57,0 イーヒェンベルガートンネル 95 m
STR WBRÜCKE
57,9 ドライボーゲン橋梁(インデ川)
STRlf KRZo STRlg
58,0 メンヒェングラートバッハ=シュトルベルク線
STR DST
ABZrg STRrf
DST
59,8 シュトルベルク(ラインラント)貨物駅
BHF
60,3 シュトルベルク(ラインラント)中央駅
ABZlf
60,3 シュトルベルク=ヴァールハイム線
ABZlf STRlg
STRq KRZo STRrf
シュトルベルク=ヘルツォーゲンラート線
TUNNEL2
ニルマートンネル 125 m
TUNNEL2
アイレンドルファートンネル 357 m
HST
64,9 アイレンドルフ
STRq KRZo STRlg
ABZrg STRrf
ハーレンアーヘン=ローテ・エルデ線
DST
67,4 アーヘン=ローテ・エルデ貨物駅
BHF
68,2 アーヘン=ローテ・エルデ駅
BRÜCKE
ブルトシュナイダー橋梁 277 m
BHF
70,2 アーヘン中央駅
ABZrf
アーヘン-メンヒェングラートバッハ線
DST
72,9 アーヘン南
TUNNEL2
ブッシュトンネル 691 m
GRENZE
77,0 ドイツ/ベルギー国境
STR
ヴェーザータール線・リエージュ方面

ケルン-アーヘン高速線(ドイツ語: Schnellfahrstrecke Köln–Aachen)はヨーロッパ横断交通網計画(Trans-European transport networks project)のパリ-ブリュッセル-ケルン高速線を構成する高速鉄道路線の一部である。しかし、ケルンアーヘン間は新しく建設された高速新線ではなく、既存の在来線を大幅に改良した区間でABS(Ausbaustrecke) 再造路線である。タリスICEなどの高速列車が走行する。1841年ライニッシュ鉄道"Rheinische Eisenbahn"として開業した区間である。

路線概要[編集]

路線延長は70kmあり、ケルン中央駅からSバーンも走るデューレン駅までの40kmは複々線化された。既存の在来線を高速列車用に改良し並行してSバーンや速度の遅い列車用に新しく複線(一部単線)の軌道が敷かれた。2003年12月にデュエレン駅までの区間が開業しABSとしては初の250km/h運転が開始された。デューレン駅からアーヘン中央駅までの区間は一部で最高200km/h、他は160km/hで速度の遅い区間も混在するが、近い将来高速化の計画がある。アーヘン・ベルギー国境の区間での障害はブシュトンネルである。このトンネルは1838年にまでさかのぼる。電化された時、トンネル内の利用できる場所が単線のみで、最高速度も40km/hと、とても貧弱な状態であった。現在、並行して単線の新しいトンネルが建設中である。新ブッシュトンネルが開通すると、現在のブッシュトンネルは改良のため一時閉鎖される。改良工事が終われば両方のトンネルで160km/hの運転が可能となる。この路線はその後、ベルギーの高速鉄道路線であるHSL 3に接続しブリュッセル方面に続いていく。 基盤整備のために、2010年までに当路線には9億5170万ユーロが投資される。2005年までにはトンネル建設を含め、7億6980万ユーロが費やされた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]