ゴルゴサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルゴサウルス
Gorgosaurus BW.jpg
Gorgosaurus libratus の復元想像図
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : コエルロサウルス下目 Coelurosauria
: ティラノサウルス科 Tyrannosauridae
: ゴルゴサウルス属 Gorgosaurus
: ゴルゴサウルス libratus

G.libratus

ゴルゴサウルスGorgosaurus)は約7000万年前(白亜紀後期)、現在のカナダの辺りに生息していた肉食恐竜である。

Gorgosaurusとは「荒々しいトカゲ」「獰猛なトカゲ」の意。

概要[編集]

ティラノサウルス科に属し、アルバートサウルスAlbertosaurus)に近縁。一時はアルバートサウルスと同属と考えられていたが、骨格の違いにより再び別種とされた。

体長8m、推定体重2トン。二足歩行を行い、全長1mほどの頭部には20cmもある鋭い歯を備えた口を持ち、これで草食恐竜を捕食していたと考えられている。

特徴としては、化石の頭骨にある眼腔部分から推測するに、同じティラノサウルス科の大型肉食恐竜と比べて眼が比較的横向きについていると思われることが挙げられる[1]

脚注[編集]

  1. ^ ティラノサウルスは眼腔の位置が目を正面に向けられる部位にあり、立体視を可能にしていたと推測されている

関連項目[編集]