テユー科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テユー科
生息年代: 白亜紀後期–現世
Goldteju Tupinambis teguixin.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
下目 : Laterata
上科 : テユー上科 Teiioidea
: テユー科 Teiidae
学名
Teiidae
Gray, 1827
亜科

本文参照

テユー科 (Teiidae) はトカゲの一つ。2亜科に10属140種が所属する。アメリカに分布する。単為生殖を行う種がいることで知られる。

形態[編集]

腹側には大きな四角い鱗が存在し、横一列に並ぶが、背面の鱗は小さく粒状である[1]。頭部の鱗は頭骨から分離し、歯の基部は顎骨と結合する。舌はヘビのように二叉し、よく発達した四肢を持つ。

生態[編集]

地上性・昼行性である。主に肉食・昆虫食性だが、いくつかの種では植物性の餌も食べる。卵生であり、産卵数が非常に多い種もいる[1]

単為生殖[編集]

いくつかの種類では雄が少ないか存在せず、単為生殖を行う[2]。だが雄が存在しない場合でも、発情期には雌同士で擬似交接英語版を行う。このことで繁殖力が増加するとされているが、この主張には異論もある[3]。また、擬似交接時に下にいた個体は、産卵時に大きな卵を産む傾向にある[4]。子は母親の遺伝的クローンであり、進化や環境への適応がどのように起こるのかという観点から注目されている[5]

分類[編集]

テユー亜科に大部分の種が所属する。 共通祖先は白亜紀後期、南米に出現したとされているが、2亜科が分岐したのは古第三紀だと考えられている[6]

系統[編集]

以下の系統樹は Giugliano(2007) による[6]

テユー科
Teiinae

Teius




Dicrodon




Ameiva




Kentropyx




Aspidoscelis



Cnemidophorus









Callopistes




Dracaena




Crocodilurus



Tupinambis






脚注[編集]

  1. ^ a b Bauer, Aaron M. (1998). Cogger, H.G. & Zweifel, R.G.. ed. Encyclopedia of Reptiles and Amphibians. San Diego: Academic Press. pp. 170–171. ISBN 0-12-178560-2. 
  2. ^ AAASAll-Female Species of the Lizard Genus Cnemidophorus, Teiidae
  3. ^ Collins, H. M. & Pinch, T. J. (1993). The Golem: What You Should Know about Science. Cambridge, United Kingdom: Cambridge University Press, pp. 109-119.
  4. ^ Nerve.com – The Science of Sex. Simon LeVay, Ph.D.
  5. ^ American Museum of Natural History – Unisexual Whiptail Lizards
  6. ^ a b Lilian Gimenes Giugliano, Rosane Garcia Collevatti, Guarino Rinaldi Colli (2007). “Molecular dating and phylogenetic relationships among Teiidae (Squamata) inferred by molecular and morphological data”. Molecular Phylogenetics and Evolution 45 (1): 168–179. doi:10.1016/j.ympev.2007.05.017. 
  • Pianka, E. R. and L. J. Vitt. 2003 Lizards: Windows to the evolution of diversity. University of California Press. Berkeley.