スキウルミムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スキウルミムス
生息年代: 150.8 Ma
Xaveropterus 2.jpg
Sciurumimus albersdoerferi模式標本(BMMS BK11)
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
約1億5080万年前
中生代後期ジュラ紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
: メガロサウルス科 Megarosauroidea
: スキウルミムス属 Sciurumimus
学名
Sciurumimus
Rauhut et al., 2012
下位分類(
  • スキウルミムス・アルベルスドエルフェリ
    S. albersdoerferi Rauhut et al., 2012 (模式種)

スキウルミムスSciurumimus) はメガロサウルス科恐竜の1属。現在のドイツバイエルン州パインテン近郊のRygol採石場より発掘された若齢個体の全身骨格(トップの写真)に基づき、2012年の夏にスキウルミムス・アルベルスドエルフェリ(Sciurumimus albersdoerferi)が新属新種として記載・報告された[1]。この個体の骨格の全長は719mmであるので、成体の大きさはそれ以上となる。

属名のSciurumimusとは、リス属Sciurus)と古典ギリシャ語で「真似る」(mimos)から成り、いわば「リスモドキ」ぐらいの意味。時代としては後期ジュラ紀キンメリッジ期(キンメリッジアン;Kimmeridgian)後期に生息していたことになる。

生物学的特徴[編集]

模式標本の頭骨

メガロサウルス類としての特徴をよく備える。加えて、神経棘が側面から見て左右対称の状である点、後方の椎骨では神経棘の前方が低く方形であるのに対して後方が丸く突出する点などが特徴として挙げられる。

記載論文で注目を集めたのは、その保存状態もさることながら、初期的な羽毛の痕跡が尾の付け根などに確認されたことである(紫外線を照射することで明瞭に確認できる)。それまで羽毛はもっぱらディロングベイピアオサウルスなど、獣脚類の中でもよりに近いコエルロサウルス類を中心に記載されてきた。しかしより鳥から遠縁のメガロサウルス類であるスキウルミムスにおいても同様の羽毛が見つかったことで、こうした羽毛の起源がさらに時代をさかのぼる可能性が生じた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Oliver Rauhut, Christian Foth, Helmut Tischlinger, Mark A. Norell: Exceptionally preserved juvenile megalosauroid theropod dinosaur with filamentous integument from the Late Jurassic of Germany. In: PNAS, 2. Juli 2012. doi:10.1073/pnas.1203238109, S. 1–6.

参考文献[編集]

  • Oliver Rauhut, Christian Foth, Helmut Tischlinger, Mark A. Norell: Exceptionally preserved juvenile megalosauroid theropod dinosaur with filamentous integument from the Late Jurassic of Germany. In: PNAS, 2. Juli 2012. doi:10.1073/pnas.1203238109, S. 1–6.

外部リンク[編集]

関連項目[編集]