ケラトプス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケラトプス科 Ceratopsidae
トリケラトプス
地質時代
白亜紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 周飾頭亜目 Marginocephalia
下目 : 角竜下目 Ceratopsia
: ケラトプス科 Ceratopsidae
Marsh, 1890
亜科

ケラトプス科(ケラトプスか、Ceratopsidae、Ceratopidae)は、トリケラトプススティラコサウルスなどを含む周飾頭亜目恐竜分類群

分類の仕方[編集]

既知のは全て四足歩行の草食動物であった、また生息は白亜紀後期の北アメリカと東アジアに限定される。口(の奥の歯列)によって特徴づけられ、フリルを備える。グループは2つの亜科に分割される。

ケラトプス亜科あるいはカスモサウルス亜科は、長い三角形のフリルおよび、発達した上眼窩角によって一般に特徴づけられる。

セントロサウルス亜科は発達した鼻角か鼻のこぶ、より短く、より多くのホーンレットを備えた長方形のフリルなどの特徴をもっていた。

装飾の用途[編集]

これらの装飾は著しい変化を示し、様々な種を認識する主要な手段であるが、用途は明らかではない。捕食動物に対する防御は、考えられる用途の一つである。ただしフリルは多くの種において非常に脆弱である。

現代の有蹄動物のように、それらがディスプレイ、あるいはオス同士の格闘のために使用される第2次性徴であったという説は、より有力である。

パキリノサウルスおよびアケロウサウルスの頭骨上の厚いこぶは、それらが頭で突進した可能性を示唆し、現生のジャコウウシの角に似ている。

生活様式[編集]

セントロサウルス亜科は、ほとんど1種だけで構成されたボーン・ベッドという形で頻繁に見つかることから、それらが大きなに生きていたと考えられる。

一方カスモサウルス亜科は、1個体分の化石が単体で発見されることや、足跡などから考えて、一生の大半を単独で生きていたらしい。

主な属[編集]

関連項目[編集]