エオトリケラトプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エオトリケラトプス
エオトリケラトプス
エオトリケラトプス想像図
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 周飾頭亜目 Marginocephalia
下目 : 角竜下目 Ceratopia
: ケラトプス科 Ceratopidae
亜科 : カスモサウルス亜科 Chasmosaurinae
: エオトリケラトプス属 Eotriceratops
学名
Eotriceratops
Wu, Brinkman, Eberth & Braman, 2007
  • E. xerinsularis Wu, Brinkman, Eberth & Braman, 2007模式種

エオトリケラトプス (Eotriceratops) は中生代白亜紀後期のカナダアルバータ州に生きていた角竜類ケラトプス科恐竜。長さ約3メートルの一つの頭骨だけで知られている。推定全長は約7~9メートル。その化石はホースシュー峡谷累層で発見された。

記載[編集]

模式種はE.キセリンスラリスで、ウー等によって2007年に記載された。属名の意味は「夜明けのトリケラトプス」を指す古代ギリシャ語

分類的な位置付け[編集]

ネドケラトプストリケラトプストロサウルス、ないし、最近の祖先の直接の祖先。アリノケラトプスの子孫。