アグジャケラトプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アグジャケラトプス
アグジャケラトプス
アグジャケラトプス想像図
地質時代
白亜紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 周飾頭亜目
下目 : 角竜下目 Ceratopia
: ケラトプス科 Ceratopidae
亜科 : カスモサウルス亜科 Chasmosaurinae
: アグジャケラトプス属 Agujaceratops
学名
Agujaceratops
Lucas, Sullivan & Hunt, (2006)
  • A. mariscalensis

アグジャケラトプス (Agujaceratops) は、中生代白亜紀後期カンパン期北アメリカ大陸に生息していた恐竜絶滅した鳥盤目 - 角竜下目 - ケラトプス科に属する。属名アグジャケラトプスの意味は、「アグヤ(発見地名)の角の顔」。以前はカスモサウルス・マリスカレンシスとして知られていたであったが別属である事が判明し、新たな属名が与えられた。

発見と種[編集]

発見は1938年で、3つのボーン・ベッドが発掘された。また角竜の標本がウィリアム・ストレインによってビッグベンド国立公園から集められた。この化石は後にリーマンによって研究され、1989年、カスモサウルス・マリスカレンシスと命名、記載されていた。しかしその時は完全な成体の頭骨が存在しなかったため、この種の詳細は不明であった。その後1991年に、さらに多くの標本が、ポール・セレノの率いる探検隊の努力によって集められた。新たな標本を含めた検証の結果、この種はカスモサウルス属とは異なる属である事が判明し、2006年にルーカス、サリヴァンおよびハントによってアグジャケラトプスという属名を与えられた。

系統[編集]

アグジャケラトプスは、ペンタケラトプスおよびカスモサウルスの両方に似ている。しかし、その短いフリルから、恐らくペンタケラトプスの先祖ではなかった事がうかがえる。

生息域[編集]

この恐竜は、現在のテキサス州にあたる地域に暮らしていた。そして、後期白亜紀カンパン階に相当するアグヤ累層で発見された。リーマンはアグジャケラトプスの発掘地は、この恐竜が生きていた頃は(少なくとも化石標本が見つかったところでは)沈殿物の性質から判断して、湿地であったと考えた。

参照[編集]

  • Dodson, P. (1996). The Horned Dinosaurs. Princeton University Press, Princeton, New Jersey. ISBN 0-691-05900-4.