スティラコサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティラコサウルス
スティラコサウルス
スティラコサウルス想像図
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 周飾頭亜目 Marginocephalia
下目 : 角竜下目 Ceratopia
: ケラトプス科 Ceratopidae
亜科 : セントロサウルス亜科 Centrosaurinae
: スティラコサウルス属 Styracosaurus
学名
Styracosaurus
Lambe1913

スティラコサウルス (Styracosaurus) は中生代白亜紀後期カンパニアン階の北アメリカ大陸に生息していた角竜の一つ。

形態[編集]

スティラコサウルスは、角竜類の中でも有数の派手なフリルを持つ。鼻角は一本だが、フリルには長大なホーンレットが3対、その下にも小さなホーンレットが多く突き出ており、ここから「棘のあるトカゲ」という意味の名前がつけられた。フリルを構成する骨格には穴があいており、重量を軽減している。角のあるは厚みがあり、極めて大きい鼻孔を持つが、その理由は不明である。[1]

全長5~7m、体重は約3トンと、ケラトプス類としては小型であり、短い四肢とかさばった胴体、やや短い尾を持っていた。

生態[編集]

他のセントロサウルス亜科のメンバーと同様に、この恐竜はボーンベッドから発見されることがある。これは、大きなグループの中で移動する群動物だった可能性を示唆する。オウム状のクチバシと水平な臼歯は、この動物が植物食性だったことを示す。

記載と種[編集]

1913年ローレンス・ラムによって記載され、2つの種、S.albertensisおよびS.ovatusが、この属に現在割り当てられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『恐竜博物図鑑』 127頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ヘーゼル・リチャードソン 『恐竜博物図鑑』 ディビット・ノーマン、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年、127頁。ISBN 4-7875-8534-7