アフロベナトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフロベナトル Afrovenator
Afrovenator abakensis dinosaur.png
地質時代
白亜紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
: メガロサウルス科 Megalosauridae
: アフロベナトル
Afrovenator
  • A. abakensis

アフロベナトル(Afrovenator)とは、ニジェールで発見されたジュラ紀中期の獣脚類メガロサウルス科の恐竜である。全長は約8~9メートルで肉食。名前の意味は、「アフリカの狩人」。

1993年に発見された1体の骨格のみにより知られる。骨格はジュラ紀後期のアロサウルスと似ているが、つくりは全体的にきゃしゃである。 頭骨はアロサウルスに比べて上下に低く、前後に長いまた眼の上の隆起がごく小さい点、吻部が狭い点なども異なる。歯はアロサウルスより薄く、更に鋭利なナイフ状をしており、柔らかい肉を切り取るのに優れていると思われる。 前肢はアロサウルス同様に頑丈で、手に3本の指を持つ点も共通している。後肢も頑丈ではあるが、頸骨が大腿骨より短い。この特徴は「アフリカの狩人」の名の割りに、この動物があまり速く走れなかったことを示している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]