カルカロドントサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルカロドントサウルス
生息年代: 100.00–93.00 Ma
Carcharodontosaurus BW.jpg
Carcharodontosaurus saharicus
地質時代
約1億- 約9,300万年前(中生代白亜紀前期終盤[アルビアンen〉]- 後期序盤[チューロニアンen〉])
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : (未整理[1]カルノサウルス類 Carnosauria
上科 : アロサウルス上科 Allosauroidea
: カルカロドントサウルス科 Carcharodontosauridae
Stromer, 1931
: カルカロドントサウルス属 Carcharodontosaurus
学名
Carcharodontosaurus
Stromer1931
タイプ種
C. saharicus
和名
カルカロドントサウルス
英名
Carcharodontosaur
下位分類群(
詳細は本文参照 *

カルカロドントサウルス学名Carcharodontosaurus )は、約1億- 約9,300万年前(中生代白亜紀前期終盤[アルビアンen〉]から同紀後期序盤[チューロニアンen〉])までの約700万年の間を、海進時代のアフリカ大陸北部(画像資料あり[2])に棲息していた、肉食恐竜である大型獣脚類の一種(1)。 化石は、現在の北アフリカ一帯(エジプトスーダンニジェールモロッコ)から発見されている。

呼称[編集]

カルカロドントサウルスの歯の化石(サハラ産)

属名 Carcharodontosaurus は、古典ギリシア語: καρχαρος (karcharos) 「ギザギザの」 + οδους (odous; 語幹: odont-) 「歯」 + σαυρος (sauros) 「とかげ」による合成語。 あるいは、前2者をあわせた Carcharodonホホジロザメ属を意味することから、「ホホジロザメ」 + 「とかげ」の合成語と見ることもできる。 いずれにしても、薄くて鋸状のサメのような歯をもつことによる命名である。

中国語では「鲨齿龙」(shāchǐlóng; シャーチーロン、『』は鮫の意、『齿・龙』は歯・竜の簡体字)と呼ぶ。

発見史[編集]

戦禍に消えた化石と再度の発見
カルカロドントサウルスの頭蓋骨化石標本(モロッコ産)

最初の発見となった特徴ある歯の化石は、フランス人古生物学者シャルル・ドペレen)と J.Savornin によって1927年エジプトの白亜紀層からもたらされ、メガロサウルスの1種、Megalosaurus saharicus (メガロサウルス・サハリクス)と命名された。

加えて1931年には、ドイツ人古生物学者エルンスト・シュトローマーによって歯以外の部位の新発見がなされ、詳しい分析の結果saharicus 種には新属Carcharodontosaurus (カルカロドントサウルス属)の名が与えられることとなり、Megalosaurus 属から変更された。

その後これらの化石群は模式標本となっていたが、ドイツミュンヘンに運ばれたのち、第二次世界大戦の戦禍に巻き込まれることとなり、ミュンヘン大空襲によって破壊されてしまった。このとき、スピノサウルスの模式標本も同じ運命をたどっている。

しかしながら、シカゴ大学アメリカ人古生物学者ポール・セレノen)の手によって1996年にはモロッコで明らかにカルカロドントサウルスとわかるほぼ完全な頭蓋骨の化石が発見され、模式標本として再記載された。

生物的特徴[編集]

形質[編集]

人()と巨大な獣脚類のスケール比較
スピノサウルス ギガノトサウルス カルカロドントサウルス ティラノサウルス マプサウルス

体長約10- 14メートル、頭骨長約1.6メートル。ティラノサウルスと同等以上の体長と頭骨長を持ち、史上最大級の肉食恐竜である。同時期に南アメリカ大陸に棲息したギガノトサウルスとは近縁であったと見られている。

学名の由来でもあるが特徴で、この部位のみでそれと判別できる。断面が薄く幅がやや広く、前後方向のカーブが少ない。肉食恐竜独特の縁の歯が特に大きく波状で皺(しわ)のような形を成している。ティラノサウルスなど他の肉食恐竜が比較的分厚い歯を具えているのとよく比較される。ティラノサウルスの歯は獲物の骨まで砕くことのできる形質であり、このことが捕食者(プレデター)だけでなく腐肉食者(スカベンジャー)の一面も兼ね備えていたとされる論拠であるが、カルカロドントサウルスの歯は新鮮な肉のみを食べていた捕食者であったことを示す形質であろうと推測されている。が、そもそも自然界には完全なプレデターも完全なスカベンジャーも存在はしないため、カルカロドントサウルス類も腐肉を忌避していたわけではないことは容易にわかる。

前肢アロサウルス同様に長く、ティラノサウルス類とは異なる。 また、ティラノサウルスが体格の上で自身と同格かより小型の獲物を捕食していたのに対し(ティラノサウルスの時代、彼らより大きな草食恐竜はほとんどいない)、カルカロドントサウルスはかつての剣歯虎(サーベルタイガー)のように自身より体の大きな獲物に深手を負わせ、出血死させる方法[3]で狩りをしていた可能性も指摘されており(彼らと同時代にはティタノサウルス類など巨大な草食恐竜が棲息していた)、同様のことはギガノトサウルスにも言える。

頭蓋骨(とうがいこつ)は高さがあり、部が長く、左右の幅は狭かった。骨の内部は空洞が多く軽量化に役立っていた。頭蓋骨のサイズはティラノサウルスを上回るほどであるが、脳函の大きさから脳自体はティラノサウルスの3分の2(人間の15分の1)程度であったことがわかっている。これは獣脚類としては一般的な大きさである。また、走る速度は最高で30km/hに達した。

分類[編集]

系統分類[編集]

頭蓋骨や前肢など多くの特徴からギガノトサウルスと近縁とされ、カルカロドントサウルス科をなす。このことはアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分離時期が遅かったことの根拠となるとポール・セレノらは見ている。北アメリカのアクロカントサウルスもこの科に属するとされるが、アロサウルス科en)とする意見も強く、結論は出ていない。いずれにせよ、カルカロドントサウルス科はアロサウルス科、中国の恐竜からなるシンラプトル科en/cf.ja)とともに近縁であることは間違いなく、総じてアロサウルス上科en)とされる。

下位分類[編集]

  • Carcharodontosaurus saharicus (Depéret et Savornin, 1927)  カルカロドントサウルス・サハリクス
模式種。化石標本は戦禍で失われたのち、それとは別に再度発見され、改めて記載されている。
  • Carcharodontosaurus iguidensis Brusatte et Sereno, 2007  カルカロドントサウルス・イグイデンシス

人間との関わり[編集]

贋物注意[編集]

化石展のグッズショップや化石即売会などでは、モロッコ産のカルカロドントサウルスの歯の化石とされる物が、同じくスピノサウルスとされる物とともによく販売されている。しかしながら本物の産出量は決して多くなく、したがって市場に出回っている“化石”の多くは人の手の入った補修品が多く、一見して解るような砂を使って歯根を水増ししたり、中国ではモロッコ産の実物から型をとって人形焼のごとく偽の化石を製造しているともされる[4]。これら化石がらみの流通物を購入する際は、贋作産業の存在を意識し、出所の確かな所より入手する事が望まれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 分類学上、未整理の階級。階級未定の分類群(タクソン)
  2. ^ 当時のアフリカ大陸の様子については右の画像を参照のこと。本種が棲息していた当時のアフリカ大陸北部地域は、この図よりはもう少し陸地が広がっていた。
  3. ^ もっとも、剣歯虎の長大な上顎犬歯の用途については諸説があり、出血死狙いの説は、脊椎を直接断裂させるものとする説と並んで、積極的な狩猟者と見る学説の中の有力な一つである。
  4. ^ 元情報は、東京国際ミネラルフェアパンフレット(文面に編集あり)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]